静電気貼り付きによるチョコ停

静電気が原因になるチョコ停

静電気が原因になるチョコ停

静電気が原因となるチョコ停のケースとしては、製品や型が静電気によって貼り付き、詰まりやひっかかりが起こるケースが多く見られます。ワーク同士が擦れ合うことで摩擦帯電が起こり、その電荷の極性が異なるために、クーロン力によって貼り付いてしまうのですが、積み重なった状態での振動が加わることでの擦れあいや、投入時ですでに擦れあいが起こっている場合、また、金属同士や樹脂、絶縁体の場合など、材質によっても対策は様々です。

したがって、基本的な対策は擦れあっているところ、極力摩擦帯電が発生しないようにすることが、対策の第一歩となります。

入門書ダウンロード

金属が関わる貼り付きの場合

金属が関わる貼り付き場合、それぞれのワークや型、パーツフィーダーのいずれの部分が金属かによって若干のメカニズムは異なりますが、基本的には、帯電した物体が金属に接近することで引き起こされる静電誘導が主要因になります。帯電している物体を金属体に近づけると、金属体内で「静電誘導」が発生し、ちょうど金属体の表面が、近づいた物体の帯電極性と逆の極性に帯電しているような状態となり、クーロン力が発生します。

金属に関する貼り付きの場合

金属体に対して帯電を解消する方法として、金属体のアースが考えられますが、この場合では近づく(接触する)帯電した物体によって引き起こされる静電誘導が原因となりますので、帯電した物体が近づくかぎり、自然現象としての静電誘導をアースで防ぐことは期待できません。

ワーク同士のくっつきの場合

ワーク同士のくっつきの場合、ワーク自体が帯電していることがくっつきの要因となりますが、付着する力は下記のような式で表すことができます。

ワーク同士のくっつきの場合

図のようにそれぞれ帯電しているワーク同士が向き合っている場合、その間に働く電界の大きさは、

数式

となり、その間に働く力の大きさは、

数式

となります。

ワークが装置(金属部)にくっつく場合

ワークが装置(金属部)にくっつく場合、ワーク自体の帯電量が付着する力に直接影響することになります。

ワークが装置(金属部)にくっつく場合

図のように帯電しているワークが装置(金属部)に近づいた場合、その間に働く電界の大きさは、

数式

となり、その間に働く力の大きさは、

数式
となります。

樹脂が関わる貼り付きの場合

樹脂の場合は、金属の時のような静電誘導という現象は発生しませんが、擦れあいによる摩擦帯電は発生します。この摩擦帯電によってクーロン力が発生し、貼り付きが起こります。また、樹脂等の絶縁体に対してはアースを取ること自体が効果のない対策になりますので、アースによる貼り付き防止効果は期待できません。

樹脂が関わる貼り付きの場合

その他の静電気によるチョコ停の原因

貼り付き以外にも、静電気が放電することによって発生する、静電気ノイズの影響で機器の誤動作を誘発する場合があります。通常、帯電しているだけの状態の場合、帯電量としては大きくても電気が流れていない限り特に大きな問題になることはありませんが、この静電気が放電を起こすと、その瞬間に電流が流れ、周囲の電界が大きく崩れることになります。このときの放電電流が、直接機器に影響を与えてしまうことも考えられますし、電界が崩れることによって、ラジエーションノイズが発生し、このノイズによって影響を受けていことも可能性として考えられます。

入門書ダウンロード

静電気についてもっと知りたい方!

静電気対策を本格的にスタートさせるお客様必読です!

ダウンロードはこちら

お問い合わせ お困りごと相談はこちらから
ご相談・お問い合わせ

静電気ハンドブック

トップへ戻る