• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

レーザマーカによる加工
「穴あけ」

レーザ加工の事例から見る「穴あけ加工」

レーザ光を一点に照射し、熱によって対象物を融解・蒸発させて穴をあける「穴あけ加工」についてご説明します。こちらでは金型やドリルなどを使った加工法との違い、レーザ加工のメリットなど、事例を交えてわかりやすくお伝えします。

レーザマーカによる穴あけ加工の基本的な原理

対象物表面にレーザ光を照射することで融解・蒸発を引き起こし、除去することを「穴あけ」と呼びます。

レーザ穴あけ加工の基本的な原理

穴あけ加工の事例~米袋の穴あけ~

背景と問題点

刃物を使わずに米袋に空気穴加工を行った事例をご紹介します。米袋には、積み上げた際に起こる破裂を防止するため、袋の中の空気を逃がすために小さな穴があけられています。従来は針を使って穴あけ加工をしていましたが、折れて針が袋の中に混入する恐れや、針の摩耗によって穴の大きさが変化するという問題もありました。また、摩耗によって穴が大きくなれば異物が混入するリスクも高まります。

背景と問題点

レーザ加工によるメリット

非接触なので異物混入のリスクを最小限に抑えられます

非接触なので針先が折れてしまうといったトラブルを未然に防ぎ、異物混入のリスクを回避できます。

針の摩耗がなく、安定した加工ができます

針先が摩耗することなく、ばらつきのない安定した穴あけ加工を実現します。常に均一な穴あけ加工ができ、穴が広がって異物が混入するといったトラブルの防止にもつながります。

消耗品がないので、コストダウン・生産性向上につながります

針などの消耗部品がないので手間がかからず、メンテナンスフリーで生産ができます。そのため、ランニングコストが抑えられ、生産性アップに貢献します。

対象物の形状や角度を問わず加工できます

針などを使った加工では接触箇所の角度によっては、正確に穴あけができないケースがあります。レーザ加工であれば、対象物の角度を問わずに正確な穴あけ加工が可能。3次元制御レーザであれば曲面にも加工ができます。

レーザ光の種類や出力によって穴径を調整できます

材料に合わせてレーザ光を選択し、出力などをコントロールすることで、穴径を自由自在に変更できます。今回のケースであれば、熱加工が得意な30WクラスのCO2レーザを利用することでタクトアップにもつながります。

レーザについて学ぶ

「そもそもレーザってなに?」「どんな原理?」といった基礎知識から、発振器の仕組みなどのマニアックな内容までわかりやすく解説した技術読本です。

ダウンロードはこちら

ダウンロードはこちら