• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

マーキングの種類

"マーキング"には様々な手法があります。
ここでは「接触マーキング」と「非接触マーキング」の大きく2つに分けてご紹介します。

接触マーキング

手書き

ペンで人が書く方法で最も簡単で安価な方法です。生産量が少ない場合に有効です。ただし人間なので間違える可能性があります。

スタンプ

大きく分けて手押しと機械押しがあります。インクの付着が多すぎ押し圧が強いと文字が潰れてしまいます。反対にインクの付着が少なすぎ押し圧が弱いと文字がかすれるため、綺麗な印字を続ける事が困難です。曲面や柔らかいものへの印字が不得意です。文字の変更が自動でないためカレンダやカウンタなどの印字の際に手間がかかります。

ラベル

プリンタなどで印刷をしてから製品に貼り付けるため綺麗な印字ができます。しかし製品の数が多くなると、それに伴いラベル自体のコストが膨らみます。またラベルの在庫管理も必要となるため管理工数がかかります。製品への直接印字と違い「はがれ」による印字抜けが大敵です。

刻印

製品表面をへこませるので消えない印字ができます。一方で印字内容の変更に手間がかかり、製品へ衝撃を与えるので精度が必要な用途には向きません。

非接触マーキング

インクジェットプリンタ

インクを吹きつけ製品に触れずに文字を書きます。曲面や柔らかい物でも印字ができ、高速移動中の製品にも印字が可能です。そのため製品を止めずに搬送中に印字することができます。また日付自動更新などの便利機能も搭載しています。

レーザマーカ

レーザをXYのミラーでスキャニングすることで文字を書きます。インクなどの消耗品や日々のメンテナンスがほとんど不要という大きなメリットがあります。また消えない印字ができるため確実な製造履歴を残すための重要なマーキングに最適です。

レーザについて学ぶ

「そもそもレーザってなに?」「どんな原理?」といった基礎知識から、発振器の仕組みなどのマニアックな内容までわかりやすく解説した技術読本です。

ダウンロードはこちら

ダウンロードはこちら