測定の基礎
変位計・測定器の選び方

変位計・測定器は、用途や必要精度、使用環境に応じて適切な種類を選択する必要があります。
その判断ポイントは様々です。

・求める測定精度に応じた選択
・対象物の材質や特性に応じた選択
・対象物の形状や用途に応じた選択
・使用環境に応じた選択
・導入数や導入コストに応じた選択

求める測定精度に応じた選択

使用する測定器に応じて、測定できる精度は大きく異なります。

求める精度 測定器の例
1mm単位 スケール、巻き尺、定規
0.1mm単位(100μm単位) ノギス
0.01mm単位(10μm単位) マイクロメータ、ダイヤルインジケータ、変位計/寸法測定器
0.001mm単位(1μm単位) 変位計/寸法測定器、測定顕微鏡、三次元測定器、電気マイクロメータ
  • マイクロメータマイクロ
    メータ
  • ノギスノギス
  • スケールスケール
  • 測定顕微鏡測定顕微鏡
  • 三次元測定機三次元測定機

どの範囲の測定値を得たいかによって、選択する測定器は異なります。その測定値についても、目視で読み取るか、ソフトウェア上で測定された値を読み取るかなど、測定器に応じた対応が必要です。

対象物の材質や特性に応じた選択

硬い/柔らかい

対象物が硬い物質(金属など)の場合は、対象物に直接接触する測定器(ノギスやマイクロメータ)などが使用できます。
反対に、対象物が柔らかい物質(合成樹脂など)の場合は、直接接触する測定器は正しい測定値を得ることができません。非接触式の測定器が必要になります。

不透明/透明

対象物が不透明の場合は、各種の測定器で必要な箇所を測定できます。
反対に、対象物が透明な場合は、材質に合わせた測定器の選択が必要です。
硬化した樹脂素材(プラスチックなど)の場合は、マイクロメータなどの接触式測定器が簡易的に測れる方法です。
フィルムのように柔らかいものの場合は、レーザ変位計などの非接触式測定器を使用します。

対象物の形状や用途に応じた選択

用途による選択は、対象物の形状を考慮して最適な機器を選択する必要があります。

導入数や導入コストに応じた選択

測定現場において、どのくらいの人数が、どの程度の頻度で使用するかも考慮すべきポイントになります。どの程度、設備投資が可能かと合わせて測定器を選択します。

大量導入する測定器

モノ作り現場において頻繁に利用する測定器として、定規やノギスが挙げられます。
0.1mm~1mm単位までの測定が可能であり、個人利用する測定器として多くの方が使用されています。

特定工程で使用する測定器

製造ラインにおける検査では、金型の寸法確認などがおこなわれます。対象物に応じて求められる精度が異なり、その精度に応じた測定器の選択が必要になります。一般に、精度が高いほど測定器の導入コストは高くなります。
三次元測定器などは、測定器と合わせて導入環境の整備も必要になります。

測定の基礎をPDFで読む

  • 測定の基礎
    測定誤差
    について
  • 測定の基礎
    変位計(変位センサ)・
    寸法測定器とは

HOMEにもどる

0120-840-860 お電話でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはお電話でも 0120-840-860

「測り方/選び方」がわかる、超簡単ガイド!

測り隊.com

測定の基礎
用途から選ぶ
測定器の種類
導入事例

ページトップへ戻る