振動式レベルスイッチのトラブル事例
原因や対策について

レベルセンサで発生した現場でのトラブル対策の事例を紹介します。

振動式トラブル事例

振動式トラブル事例

会社名

○○工業株式会社

用途

研削盤のクーラント管理。クーラント液が足りない時に信号を出し、クーラントを補充します。

方式

振動式センサ。1接点。

トラブル内容

今まで数回空焚きをしてしまったことがありました。空焚きをすると、設備へのダメージがあり点検作業が必要でした。

原因

研削による加工粉が元になり、先端部に付着物が発生して液が無いのに「ある」と誤検出していました。

対策

誤検出の頻度が少ないので「喉元過ぎれば・・・」で棚上げしていましたが、根本対策はできていませんでした。そこで、新原理のガイドパルス方式を試してみました。

結果

ガイドパルス式はプローブに多少汚れがついても検出に全く影響が出ませんでした。また、振動式はプローブが短く、タンクに横ざしで設置するので施工が面倒でしたが、ガイドパルス式はタンク上部から刺せ、出力も4点あるので空検出に加えてあふれ検出もできます。トータルで安いと思っています。

目次に戻る

03ガイドパルス式レベルセンサ FLシリーズ

流量センサを選ぶ前に見るサイト 流量知識.COM