3Dプリンタでできること3Dプリンタの用途事例

3D-CADによる商品設計が一般的になる中、画面上だけでは「伝わらない」「把握が難しい」という課題の克服のために3Dプリンタは使われています。3Dプリンタを用いた実物を使ったコミュニケーションは、エンジニア間の意思疎通の正確性を高め、手戻りの防止につながります。そのシーンは、企画構想段階はもちろん量産の検討まで幅広く、実物による確認を増やすことでスピーディに商品化できます。

デザイン→設計→評価→試作→金型→量産→営業→メンテナンス

企画構想

複数のデザイン案を実物にした上で選べる

スケールモデルで従来商品の問題点の洗い出しに

顧客に合わせたグリップのサイズを実物で確認

設計

複雑な機構をしている商品の組立性を事前に確認

ハーネスの取り回しを考慮した設計ができる

ネジからスナップフィットにできないか検討できる

評価

フロアダクト内部に異物が滞留する位置を確認する

基板の発熱量を実物で確認できる

温度帯によってオイルの挙動に問題がないか検証できる

金型検討

成形不良が出ないように、リブを最適化する

適切な抜き勾配を漏れなく追加できる

意匠面を考慮して押出しピンの位置や数を決められる

生産準備

商品に合わせて最適なロボットハンドを複数案で試せる

最終試作が上がってくる前に製造ラインで実験できる

自由曲面を持つ商品の座りを見極められる

量産後

営業でスケルトンモデルを用いて、顧客の納得度を高める

製造設備の一部に応急的に使用する

必要な時に評価治具をスピーディに製作できる

国産高精細3Dプリンタ アジリスタ トップへ戻る

設計者の負荷を軽減する
3Dプリンタ
高精細
3Dプリンタ
AGILISTA
シリーズ
カタログで詳しく見る
ご購入者様限定アジリスタユーザーサポート