基本情報モデル材とサポート材の仕組み

3Dプリンターは造形モデル自体の素材であるモデル材と、形状を保持するサポート材の2種類の樹脂で造形します。樹脂成型で使用する金型にあたる空間部分をサポート材の樹脂で支えて、その上にモデル材の樹脂を乗せて形状を作ります。そのため、空間部分を埋めていたサポート材の樹脂を除去して初めて造形モデルが完成します。造形するモデルの向きを工夫すると、サポート材の樹脂を除去しやすくしたり、使用するサポート材の樹脂の量を低減できます。

断面図 サポート材除去前→サポート剤除去後

従来のサポート除去

サポート材の除去作業はこれまで手や工具などで物理的な力を加えて行う方法が一般的でした。人手による作業が発生するため工数が発生しますし、作業ミスによりモデルを破損するケースがありました。また形状によっては手が届きにくく除去できないなど、これまで3Dプリンターにとってサポート除去作業は課題の1つとなっていました。

手作業によるサポート除去イメージ

そこで、キーエンスの業務用高精細3Dプリンタは世界で初めて水溶性のサポート材を採用しました。なぜ、3Dプリンターにとって水溶性のサポート材が有効なのか?詳しくは「水溶性サポート材」をご覧ください。

国産高精細3Dプリンタ アジリスタ トップへ戻る

設計の精度を高める
3Dプリンタ
高精細
3Dプリンタ
AGILISTA
シリーズ
カタログで詳しく見る
ご購入者様限定アジリスタユーザーサポート