SLTデータの上手な作り方STLデータとは

STLデータの特徴

STL(Stereolithography)データは3D CADソフト用のファイルフォーマットの一つで、今ではほとんどのソフトにサポートされています。特に3Dプリンタ(ラピッドプロトタイピング)業界では、最も使用されているファイルフォーマットです。STLデータは、3次元の立体形状を小さな三角形(ポリゴン)の集合体で表現するシステムです。そのためSTL形式では曲面を表現できないので、本来曲面になる部分ではモデルを形成する三角形を細くして曲面を生成しています。

STLデータの特徴

外向き法線ベクトルと内向き法線ベクトル

STL形式のモデルを形成する三角形は向きの情報を持っています。向きは法線ベクトルで定義されており、モデルの外側を示す単位ベクトルである必要があります。例えば、下図のように一見同じ三角形に見えても、向きが異なる場合があります。3Dプリンタで造形する際に、この法線ベクトルの向きは非常に重要です。

法線ベクトルとは

面に対して垂直なベクトルで、空間における方向と大きさを持った量

法線ベクトルとは

国産高精細3Dプリンタ アジリスタ トップへ戻る