3Dプリンター活用事例販売力を向上させた事例

造形モデルは、開発や製造部門での検証に欠かせませんが、販売推進のためのプレゼンツールとしても有効です。サイズ、デザイン、機能、操作性などが実際に手にして確かめられる利点は、どんな説明にも勝る大きなメリットです。
以下は、設計や製造とは違った視点で、販売展開に活用された事例です。

事例7:造形モデルで受注率アップ

他社と比べても競争力がある商品開発に成功したはずだが、カタログなどでPRしてもなかなか受注につながらない。営業からは「伝わる説明ツール」を求められていたが、写真やイラストを使っても効果がなく、3Dプリンターで造形モデルができるようになるまで、ずっと有効な手が打てないでいた。
精度が高い造形モデルは、いわば百聞は一見に如かずの決定打。何ページもある説明資料を凌ぐ強力なプレゼンツールとして活躍した。

重要顧客 受注率 単価 売上 備考
上乗せ受注 100社 アップ 10,000円 7,500,000円 1社あたり250個を3社から受注
売上合計 7,500,000円 プレゼン力アップによる売上増

このように、事例をひとつひとつ詳しく見ていくと、どのケースでも、3Dプリンターが有効に活用できていれば、損失を最小限に抑えられていたものばかりのように思えます。今まで「仕方ない」で済ませていたコストを、3Dプリンターの導入によって大きく変えることができます。

客先に造形モデルを持参して、カタログや動画では伝わりにくい性能が詳しく説明できます。商品が大き過ぎて持ち込めない場合や、小さ過ぎて細部の良さを伝えにくい場合にも、スケールモデルを使ってプレゼン。ポイントを絞った説明で、成約につなげます。

国産高精細3Dプリンタ アジリスタ トップへ戻る

設計の精度を高める
3Dプリンタ
高精細
3Dプリンタ
AGILISTA
シリーズ
カタログで詳しく見る
ご購入者様限定アジリスタユーザーサポート