治具の教科書治具の基礎知識

治具とは

治具は、加工や組立等のものづくりの工程において、部品や工作物を固定するとともに工具等の作業位置を案内するために用いられます。製品を組み立てる際には欠かせない補助用器具です。
また、製造の現場だけではなく、商品開発における評価や、できあがった製品の検査にも利用されています。

治具を使用する3つのメリット

  • 1.作業難易度

    技術経験がないとできない

    誰でもできる

  • 2.作業品質

    手作業だとバラついてしまう

    正確な位置決め

  • 3.作業効率

    手作業だと時間がかかる

    作業スピード向上

治具を使用すると、品質が安定して歩留りが向上するため、結果として生産性の向上につながります。そのため、ものづくりのあらゆる工程でさまざまな治具が利用されています。

治具の重要性

治具設計は製品設計や設備設計と比較すると地味な存在かもしれません。しかし、製品をより良くするために、工程の改善や商品の仕様変更による設備改造の際には、とても重要な要素になります。
また、ものづくりにおけるQCDに対しての影響度は高い位置を占めると言えます。しかし、残念ながら治具設計は過去の流れに沿って作られているケースが多く、不具合が起きてから都度修正をするにとどまっていることが多いのではないでしょうか。

治具の種類

設計開発

  • 組立治具
  • 固定治具
  • 評価治具

成形工程

  • 固定治具
  • 切断治具
  • 曲げ治具
  • かしめ治具
  • 溶着治具
  • 圧入治具
  • 圧入治具

後処理工程

  • 塗装治具
  • マスク治具
  • メッキ治具
  • 印刷治具
  • 乾燥治具
  • メッキ治具

組立工程

  • 組立治具
  • 位置決め治具
  • 固定治具
  • 受け治具
  • 吸着治具
  • 選別治具
  • 溶接治具
  • 位置決め治具
  • 吸着治具
  • 溶接治具

検査工程

  • 検査治具
  • 測定治具
  • 選別治具
  • 検査治具

国産高精細3Dプリンタ アジリスタ トップへ戻る