日付印字機

日付けの印字機にはさまざまな種類があり、対象物の使用環境や数量・材質・形状、印字の内容などによって使い分けられています。
日付けは食品の製造日や賞味期限として印字されることがほとんどで、商品を自動機や手作業で包装する際に一緒に印字します。
手作業で印字する際にはスタンプやハンドラベラーが、自動機で印字する際にはホットプリンタやサーマルプリンタ、インクジェットプリンタなどが使われます。ここでは、多種多様な日付印字機の原理と特徴について紹介します。

日付印字機の種類

手押しスタンプ

手押しスタンプ

不滅インクと呼ばれる速乾性のインクを付けた活字を対象物に押し付けて、インクを転写させます。インクが付着しにくい対象物にも印字できますが、インクの乾きやにじみに気を付ける必要があります。

手押しスタンプでのお困りごとを解消!
インクジェットプリンタの導入事例はこちら

ハンドラベラー

ハンドラベラー

スーパーなどの小売りの現場でよく使われているラベル貼り付け機です。グリップを握って小槌を振るようにラベルを貼り付けます。作業性が高くスピーディに日付けや値段を表示できます。

ハンドラベラーでのお困りごとを解消!
インクジェットプリンタの導入事例はこちら

ローラースタンプ

ローラースタンプ

活字が配置されたローラーを対象物に押し付けて、回転しながら日付けを転写します。
水性のインクを使用するため、主に段ボールの日付け印字に使われていて、コンベアで流しながら印字します。

ローラースタンプでのお困りごとを解消!
インクジェットプリンタの導入事例はこちら

ラベル印刷機

ラベル印刷機

主に、食品に貼るラベルを一括して印刷するために使われます。耐水性が求められるため、インクリボンを転写するサーマル式が一般的です。
印字レイアウトの自由度が高いことが特長になります。

ラベル印刷機でのお困りごとを解消!
インクジェットプリンタの導入事例はこちら

ホットプリンタ

ホットプリンタ

ピロー包装機などの自動機に取り付けて日付けを印字します。活字を高温にしてインクリボンを包装フィルムに転写させて印字します。古くから包装機に設置され使われています。

ホットプリンタでのお困りごとを解消!
インクジェットプリンタの導入事例はこちら

サーマルプリンタ

サーマルプリンタ

活字を押し付けるホットプリンタに対して、サーマルヘッドには活字がありません。
ヘッドが電気的に発熱して、リボンを転写させて印字します。印字内容の変更が容易にできます。

サーマルプリンタでのお困りごとを解消!
インクジェットプリンタの導入事例はこちら

インクジェットプリンタ

インクジェットプリンタ
インクジェットプリンタは非接触でインクを吹き付けて印字します。対象部の形状に対し、自由度の高い印字が可能です。
製造ラインなど、移動している製品への印字が可能で、処理スピードが速いことが特長です。
ホットプリンタ vs ユニバーサルインクジェットプリンタ MK-Uシリーズ 賞味期限の印字するならどちらがいいのか?

IJPステーショントップへ戻る