CHAPTER 1測定機の基礎知識

国際標準化が進行中

計量トレーサビリティは、国際度量衡委員会(CIPM)などの国際研究機関による「国際標準」や、各国の研究機関による「各国標準」などに連なっており、経済のグローバル化が進む中で対応が求められるようになりつつあります。
国際度量衡委員会の下には、国際度量衡局(BIPM)という研究組織があり、国際単位系(SI)に関する基盤研究を行っています。
モノづくりのグローバル化が進む中で、国際標準への対応が必須となっています。寸法の測定結果が世界どこでも同じと認められるためには、国際相互承認による計量トレーサビリティが欠かせない時代といえます。
なお、日本では独立行政法人製品評価技術基盤機構が、校正機関の登録・認定を行っています。校正機関の認定制度は、「計量法校正事業者認定制度(Japan Calibration Service System; JCSS)」と称します。

計量標準での国際相互承認の概念

測定器ナビ トップへ戻る