光学顕微鏡

金属顕微鏡

金属顕微鏡
  • 試料を上方から観察するタイプ。
  • 観察対象物は金属組織をはじめ色々。
  • 中倍率〜高倍率での観察に用いる。
  • レンズ倍率はレボルバーで変える。(連続的に倍率を変更できない)
  • 比較的高価。(100〜300万円)
  • たいていはカメラを取り付けられる。(取り付け用のオプションが必要)
金属顕微鏡の長所
  • 解像度が良い。
  • 色々なフィルターがそろっているので観察の幅が広い。観察対象物は金属組織をはじめ色々。
金属顕微鏡の短所
  • 被写界深度が非常に浅いので不具合箇所を見落とす可能性がある。
  • 観察距離が近いため対象物を加工しないとステージにのらない。
  • 調整箇所が非常に多いので撮影にノウハウが必要になる。
  • 観察に非常に疲れる。
デジタル顕微鏡 VHX-7000シリーズ あらゆる拡大観察を1台で

顕微鏡入門ガイド トップへ戻る