核内の染色体のカウント

分類:
医学・生命科学
病理学
がん研究

蛍光ボケのないクリアな画像を取得

FISH(Fluorescence In Situ Hybridization)とは、蛍光色素を用いて特定の核酸(DNAやRNA)の分布や量を検出する方法です。染色体異常の検出などで用いられます。

使用対物レンズ:CFI Plan Apo λ 100xH
セクショニング+Zスタック
オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800を導入すれば
  • 「セクショニング」機能を使用することで、光学的に「蛍光ボケ」を取り除き、クリアな画像を取得することができます。
  • Z方向に複数枚の画像を取得し、撮影した画像からフォーカスが合っている部分だけを合成することで、標本全体にピントが合ったフルフォーカス画像を構築することができます。
  • ハイブリッドセルカウントを使用して、核をマスクとして、それぞれの核の中に含まれる染色体を抽出し、カウントすることができます。

各シグナルを含む核の数

Signal
G\R
0 1 2 3 4
0 40 5 1 1 0
1 23 35 13 1 0
2 10 24 18 2 2
3 0 5 7 2 0
4 1 3 4 2 1
蛍光顕微鏡 最新版カタログ
最新型オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800の詳細は、カタログをご覧ください。
BZ-Xシリーズ オールインワン蛍光顕微鏡 カタログ
カタログで詳しく見る
さらに詳しく知りたい方へ
アプリケーション事例集をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。
BZ-X800 オールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.1 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.2 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.3 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.4 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.5 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.6
資料をダウンロードする

価格が知りたい・実機で試してみたいなど、
お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください 0120-122-134 受付時間 8:00~20:00 (土日・祝日除く)