マウス大脳皮質神経細胞 スパイン

分類:
医学・生命科学
神経科学

クリアな画像を実現する高度な観察性能

マウス大脳皮質(DIV21)をGFP抗体で免疫染色して観察します。スパインの形状を観察します。

Zスタック撮影 → 厚み方向にフルフォーカス

従来の問題点

従来の顕微鏡では、細部を拡大するとノイズにより鮮明な画像が見られませんでした。
また、スパインのように厚みがあるサンプルだとピントがぼけてしまい、綺麗に観察することは困難でした。

オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800を導入すれば
  • モノクロ冷却カメラにより、ノイズの少ない高感度観察が可能。
  • 解像度が高いため部分的に拡大・切り出しを行っても鮮明さを損なうことなく、微細な構造などもはっきりと観察することができます。
蛍光顕微鏡 最新版カタログ
最新型オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800の詳細は、カタログをご覧ください。
BZ-Xシリーズ オールインワン蛍光顕微鏡 カタログ
カタログで詳しく見る
さらに詳しく知りたい方へ
アプリケーション事例集をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。
BZ-X800 オールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.1 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.2 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.3 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.4 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.5 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.6
資料をダウンロードする

価格が知りたい・実機で試してみたいなど、
お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください 0120-122-134 受付時間 8:30~20:00 (土日・祝日除く)