細胞への取り込みを可視化(ミクログリア細胞がビーズを貪食する様子)

分類:
医学・生命科学
細胞生物学・分子生物学

安定したタイムラプス撮影が可能

出典元:Courtesy of Postdoctoral Research Scholar Tomomitsu Iida, Leonard Davis School of Gerontology, University of Southern California
(When published:Department of Pharmacology, Tohoku University Graduate School of Medicine)

タイムラプス撮影は、途中でピントがずれる、細胞が死んでしまう、など、安定した撮影が難しいと言われています。
オールインワン蛍光顕微鏡であれば、フォーカス追従機能、パルス励起、高感度カメラにて、ライブイメージングが非常に手軽です。

ミクログリア細胞がビーズを貪食する様子ですが、位相差像だけでは、ビーズが細胞内に取り込まれているのか、細胞表面に付着しているのか、判断できません。
今回、ビーズを蛍光標識し、細胞に取り込まれると、赤色に蛍光を発する仕掛けを用いることで、細胞へ取り込まれていることを可視化しています。
※具体的には、ビーズにpHロード(酸性条件で赤色蛍光を発する物質)が修飾してあり、ビーズが細胞内に取り込まれ、酸性のライソソームと融合することにより赤色となります。
また、蛍光で可視化することにより、細胞のカウントや、取り込み量を定量的に評価することも可能です。

蛍光顕微鏡 最新版カタログ
最新型オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800の詳細は、カタログをご覧ください。
BZ-Xシリーズ オールインワン蛍光顕微鏡 カタログ
カタログで詳しく見る
さらに詳しく知りたい方へ
アプリケーション事例集をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。
BZ-X800 オールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.1 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.2 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.3 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.4 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.5 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.6
資料をダウンロードする

価格が知りたい・実機で試してみたいなど、
お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください 0120-122-134 受付時間 8:30~20:00 (土日・祝日除く)