スフェロイドやオルガノイドの透明化観察

分類:
細胞生物学・分子生物学
がん研究

蛍光ボケのないクリアな画像を取得可能

スフェロイドとは、細胞同士が凝集して塊となったものですが、より生体内の状態に近いということで、研究現場で活用が進んでいます。大きな生体組織を積み上げるように作ったり、ミニ臓器のような活性を持たせるなど、応用の幅が広いのが特徴です。

一方オルガノイドは、3次元的に培養された臓器で、本来観察できないものを試験管内で観察できるようにしたものです。スフェロイドを進化させてより生体内の状態に近くさせたものがオルガノイドであり、スフェロイド・オルガノイドともに基礎研究の発展に大きく貢献しています。

従来、スフェロイドやオルガノイドを観察するとなると、レーザ共焦点顕微鏡を使用することが一般的でした。
しかし、①観察に非常に時間がかかる、②非常に操作が難しい、③細胞が退色してしまう、ということで、思ったように観察できない、といった難点がありました。

通常観察

セクショニング観察

オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800を導入すれば
  • 暗室不要でフル電動制御のため、大幅な時間短縮が可能です。
  • 独自のセクショニング技術により、厚み方向にもすべてピントがあった写真が撮れ、誰が見てもわかりやすい画像が取得できます。
  • 細胞へのダメージに極限まで配慮した観察技術となっており、褪色を気にせず全体像を把握することが可能です。
  • フルフォーカス画像に加えて、Z方向の移動ピッチ情報から高精細なオーバーレイ3D画像を構築できます。Z方向の局在を鮮明に観察することができます。
蛍光顕微鏡 最新版カタログ
最新型オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800の詳細は、カタログをご覧ください。
BZ-Xシリーズ オールインワン蛍光顕微鏡 カタログ
カタログで詳しく見る
さらに詳しく知りたい方へ
アプリケーション事例集をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。
BZ-X800 オールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.1 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.2 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.3 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.4 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.5 BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.6
資料をダウンロードする

価格が知りたい・実機で試してみたいなど、
お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください 0120-122-134 受付時間 8:30~20:00 (土日・祝日除く)