[新商品]ウェルすべてを一括解析 圧倒的な効率化を実現する新モデル誕生

胃癌

胃癌の免疫染色定量化

免疫染色は免疫抗体法、免疫組織化学とも呼ばれ、病理組織診断によく用いられます。
組織中の特定の蛋白質(抗原)に特異的に反応する物質(抗体)を結びつけて、腫瘍などを可視化します。

使用対物レンズ:CFI Plan Apo λ 10x
イメージジョイント:20枚×12枚
ハイブリッドセルカウント
面積(全体) 65,426,415μm2
面積(腫瘍) 10,085,121μm2
面積率 15.4%

BZ-X を導入すれば!

視野に入りきらない大きな切片に対して、ステージを移動しながら画像を取得し、撮影した画像を連結させることで、1枚の高解像度画像を撮影できます。

標本に傾きや段差があってもZ方向に複数枚の画像を取得し、撮影した画像からフォーカスが合っている部分だけを合成することで、標本全体にピントがあったフルフォーカス画像を構築することができます。

ハイブリッドセルカウントを使用して、切片全体の中から腫瘍部分だけを抽出し、割合を自動計算できます。

BZ-X800 暗室不要のオールインワン蛍光顕微鏡 導入活用事例集 Vol.1

詳細は導入事例集をご覧ください

PDFダウンロード