[新商品]ウェルすべてを一括解析 圧倒的な効率化を実現する新モデル誕生

レンズの手入れ

顕微鏡は使用によって、ほこりや汚れが付くことから使用後には清掃が欠かせません。特にレンズはほこりや指紋、培養液などが付きやすく、適切な手入れが必要です。

レンズの清掃法

清掃に必要なものとして、主に次のような道具があります。

  • ブロアー
  • レンズ用のクリーニングペーパー
  • 綿棒
  • 洗浄剤(メーカーの専用品、無水アルコール、エーテルとアルコールの混合液、蒸留水など)

①ブロアーなどでの清掃

まずブロアーやエアダスターを用いて、レンズの表面に付いたごみやほこりを除去します。(エアダスターは風量が強いため、レンズによっては使用を避けた方がよい場合があります。取扱説明書に従って使用を検討してください。)

②汚れの拭き取り

洗浄液はメーカー専用のものをはじめ、無水アルコール、エーテルとアルコールの混合液、蒸留水などを用います。メガネクリーナーは曇り止めが含まれているため、使用はできません。
引火性のある洗浄液やエーテルなどを清掃に用いる場合、発火に注意して、あらかじめ周辺の電気装置の電源をオフにしておきます。また、室内の換気にも配慮します。
ガーゼや不織布、クリーニングペーパーなどほこりが付着しない素材に、洗浄液などを微量つけて、レンズの中心から外に向けて渦巻き状にていねいに拭き取ります。小さなレンズでは、綿棒の先にレンズペーパーを巻いて力を入れずに拭き取ります。
コンデンサーレンズについても、清掃方法は上記と同様に行うことができます。
対物レンズに油浸オイル(イマージョンオイル)を使用した場合、そのままにしておくとレンズ表面の劣化につながるため、必ずきれいにしておきましょう。オイルはクリーニングペーパーで吸い取り、その後、洗浄液をつけたクリーニングペーパーでていねいに拭いておきます。

BZ-Xシリーズ オールインワン蛍光顕微鏡 カタログ

詳細はカタログをご覧ください

PDFダウンロード