[新商品]ウェルすべてを一括解析 圧倒的な効率化を実現する新モデル誕生

顕微鏡の基本的な構造と原理

一般的に生物顕微鏡は、主に対物レンズと接眼レンズ、鏡筒、ステージ、反射鏡で構成されています。ステージの上にセットされた観察対象物は、対物レンズを通じて拡大されます。ピントが合った状態で、接眼レンズをのぞくと拡大された像を観ることができます。

構造が似た装置といえば、遠くのものを観察する望遠鏡があります。望遠鏡は星など遠くにある物体の光を対物レンズで受けて、屈折した光を接眼レンズで焦点に合うように調整することで観察が可能になります。一方、顕微鏡の原理は観察の対象物に光を当てて、その透過光や反射光を対物レンズおよび接眼レンズによって拡大することで観察する仕組みです。

顕微鏡の原理
(図 生物顕微鏡で拡大観察ができる原理)
BZ-Xシリーズ オールインワン蛍光顕微鏡 カタログ

詳細はカタログをご覧ください

PDFダウンロード