コンプレッサ電気料金シミュレーション

FD-G導入による費用対効果のシミュレーションをします

1. コンプレッサ容量台数

  • kwが
  • kwが
  • kwが
  • kwが
  • kwが

総容量 0 kw

37kwが2台、75kwが1台など
条件に合わせて入力

2.モーター効率

コンプレッサの容量を確保するために必要な電力効率
例)37kwのコンプレッサでモーター効率90%の場合
37kw ÷ 90% = 41.1kw
不明な場合は90%を使用

3.稼働時間(年)

時間

コンプレッサの電源投入時間
注意:装置が動いていなくてもコンプレッサの電源は入っていることがほとんどです
指定がなければ8,000時間(24h×350日)で計算

4.負荷率

コンプレッサのロード・アンロードの比率
負荷率 = ロード時間÷(ロード時間+アンロード時間)
不明な場合は70%を入力

5.電気料金単価

一般的には15~25円/kWh

6.リーク率

不明な場合は30%を使用

7.流量計のコスト+諸経費

万円

8.リーク改善目標(年)

コンプレッサにかかる電気料金(年間)

0万円

想定されるリークによる損失(年間)

0万円

リーク改善金額(年間)

0万円

イニシャル回収期間

00ヶ月

費用対効果(3年間)

  • リーク改善金額(累積)
  • 流量計イニシャルコスト