文字サイズ

複数接続時の計測方法

電圧入力を使用する計測方法

計測対象の4-20mA出力機器が、他の4-20mA入力機器の接続されている場合は、電圧入力レンジを持つ計測器で直接計測できます。ポイントは、他の機器の4-20mA入力回路の負荷抵抗によって電流→電圧変換された電圧を計測することです。

配線

電圧入力を使用する計測方法

選定のポイント

  • ・接続されている4-20mA入力機器の負荷抵抗を確認してください。負荷抵抗が250Ωの場合は、4-20mAが1-5Vで計測できます。
  • ・負荷抵抗が1Ωなど微小な場合は、変換された電圧も微小になりますので計測精度や分解能が低下する可能性があります。その場合は、次項の4-20mA入力機器やシャント抵抗を使用してください。

詳しくはこちら▼

4-20mA入力を持つ計測器を使用する計測方法

2台の4-20mA入力機器を直列に配線することで同時に計測できます。他の4-20mA入力機器の負荷抵抗が1Ωなど微小な場合でも、精度良く計測できます。

配線

4-20mA入力を持つ計測器を使用する計測方法

選定のポイント

  • ・「4-20mA出力の最大負荷抵抗>2台の4-20mA入力の負荷抵抗の合計」を満たしてください。例えば、4-20mA出力機器の最大負荷抵抗が260Ωの時は、負荷抵抗が10Ωと250Ωの4-20mA入力機器を2台直列に接続できます。
  • ・負荷抵抗を直列に接続するため、各入力の-端子(GND端子)間に電位差が生じます。電位差が生じても全体の回路に問題がないことを確認してください。例えば、それぞれの入力機器の-端子(GND端子)が電源の-端子(GND端子)と共通になっている場合は、別電源を用意して絶縁する必要があります。

詳しくはこちら▼

シャント抵抗を使用して電流→電圧変換する計測方法

他の4-20mA入力機器の負荷抵抗と直列にシャント抵抗を配線することで電圧入力レンジの計測器で計測ができます。他の4-20mA入力機器の負荷抵抗が1Ωなど微小な場合でも、精度良く計測できます。

配線

シャント抵抗を使用して電流→電圧変換する計測方法

選定のポイント

  • ・「4-20mA出力の最大負荷抵抗>(4-20mA入力の負荷抵抗+シャント抵抗)」を満たしてください。
    例えば、4-20mA出力機器の最大負荷抵抗が260Ωの時は、負荷抵抗が10Ωの4-20mA入力機器と250Ωのシャント抵抗を直列に接続できます。
  • ・負荷抵抗を直列に接続するため、各入力の-端子(GND端子)間に電位差が生じます。電位差が生じても全体の回路に問題がないことを確認してください。
  • ・シャント抵抗選定の詳細は、「シャント抵抗の選定方法」を参照してください。

詳しくはこちら▼

INDEX目次に戻る

4-20mA計測について\もっと/知りたい方!センサの出力や制御信号として幅広く使用される4-20mAの計測がこれ1冊でわかる!基礎~応用テクニックを配線図付きでわかりやすく解説。無料でダウンロード ご相談・お問い合わせはこちらから