文字サイズ

CANデータの解析

設計や解析をするうえで覚えておくべき、CANデータ解析の基礎知識

シリアル通信プロトコル「CAN」の基本的な構造データ通信の仕組み自動車における使用例などを理解すれば、いよいよデータ検証への活用のフェースです。こちらでは、「実際にどのように導入すればよいのか」「設計や開発に利用すればよいのか」という疑問を解消するため、CANデータ解析の基礎知識をご紹介します。

CANの適用範囲について

CANデータの解析に入る前に、まず適用範囲についてご説明します。CANには「標準フォーマット」「拡張フォーマット」などがありますが、それぞれには適用範囲があります。一般的に普通自動車では標準フォーマットが使用され、大型車では拡張フォーマットの「J1939」、産業機械ではCANをベースにした「CANopen」といったプロトコルが使用されています。このようにCANは自動車に限らず、産業機械やFA、農業機械、医療機器、鉄道、船舶、航空、宇宙などの幅広い分野で活用され、それぞれに合わせたプロトコルが使用されています。

CANデータの解析について

開発段階で繰り返し行う作業として「解析」が挙げられます。そこで一般的なCANデータの解析手順について解説していきます。CANはデジタルデータによる通信なので、まずは通信波形を取得する必要があります。その後、通信速度から1ビットの長さを調べ、波形データから「ドミナント」と「レセシブ」に置き換え、フレームに当てはめながら16進数に変換することで解析を行います。

CANデータの解析について

たとえばCANデータ収集ユニット「NR-C512」を利用すれば、信号特性を確認することができます。高速CAN/低速CANに対応し、最大128メッセージ/ポート、最大512シグナル/ポートの送受信が可能です。

CANデータ収集ユニット「NR-C512」の詳細情報はこちら>>

CANデータベースファイルの活用

CANデータベースファイルとは、フレームおよび信号の定義のための情報が含まれたファイルです。CANデータのシグナル値から工学単位に変換するルールが定義されています。一般的には「チャンネル名」「メッセージ内のチャンネル位置やビット数」「データタイプ」「範囲」「デフォルト値」「コメント」などの情報を利用して、シグナル値からkm/hやrpmのような実世界の数値に変換します。

CANデータベースファイルの活用

CANデータベースファイルの活用

詳しくはこちら

INDEX目次に戻る

無料ダウンロード ご相談・お問い合わせはこちらから