接触で検出する方式
接触式変位センサの原理と3つの種類

原理と主な種類

接触式変位センサの検出原理には、大きく分けると以下の2つがあります。

  • ・「トランス」方式⇒コイルを用いた方式
  • ・「スケール」方式⇒内部にスケール(物差し)を用いた方式

さらに、キーエンス独自で開発した

  • ・「スケールショットシステム」
     ⇒絶対値ガラススケールをCMOS センサで高速撮影する、世界で初めての方式

トランス方式

トランス方式は、内部にコイルがあり、電流を流すことで磁界が発生します。その中にコアを挿入すると、挿入量に応じてコイルのインピーダンスが変化し、信号レベルが変化します。この信号レベルの変化を検出して移動量に換算しています。

トランス方式

メリット

  • ・スピンドルの位置によって、信号レベルが変化するため「絶対位置」を把握できます。
    (ゼロ点調整不要、値飛びしない)

デメリット

  • ・精度がスピンドルの端付近では落ちてしまう。コイルを利用した原理のため、中心付近では磁界が均一にかかるが、端付近ほどバランスが崩れる傾向があります。
  • ・直線性や温度特性の考慮が必要となります。

スケール方式

メリット

  • ・精度が高い。(精度は基本的にスケールの目盛りの精度で決まる)
  • ・スケールの中心付近でも端付近でも、スケールの目盛りの幅は変わらないので、直線性を考慮する必要がない。
  • ・温度変化があっても、スケールの目盛りは大きく変化しないため、温度特性は良い。

デメリット

  • ・スピンドルが振動等で急激に動いた場合、光電センサの応答が間に合わず、値飛びする。

スケールショットシステム(キーエンス独自の新原理)

キーエンスのGT2 シリーズは、一般的なスケール方式と同様に、投光部・受光部・スケールを内蔵しています。しかし、一般的なスケール方式のように、単純にスリットが組み込まれているわけではありません。GT2 シリーズのスケールには、複雑なパターンのスリットが組み込まれており、このパターンを読み取ることでスピンドルの位置を特定することができます。

  • (1) スピンドルが動くと絶対値スケールが動く。
  • (2) スケールに組み込まれた複雑なパターンをCMOSセンサにより高速で読み取る。
  • (3) スピンドルの位置情報をアンプに伝える。

スケールショットシステム

メリット

  • ・絶対位置がわかる。
  • ・位置情報を検出しているので、ゼロ点調整不要で値飛びもしない。
  • ・スケール式のため、測定範囲全域で高精度。
  • ・温度特性が良い。

デメリット

  • ・特になし

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

接触式変位センサの商品一覧

  • 高精度接触式デジタルセンサ GT2シリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型ホワイトスポット光電センサ LR-Wシリーズ

    カタログダウンロード

  • デジタルファイバアンプ FS-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • 照明一体型画像判別センサ IVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!