光で検出する方式
ファイバセンサのトラブル回避のための選定と対策

汚れ・ホコリの影響を防ぐ

汚れ・ホコリの影響とは?

センサの検出面に汚れやホコリ、水などが付着すると、ワークが無いのに出力することがあります。

汚れ・ホコリの影響とは?

対策

[1]〈透過型/回帰反射型の場合〉
設定値を下げ、しゃ光されても出力しないようにします。また、アンプでパワーを調整出来る場合はパワーを上げます。

対策1

対策1

Point!

ワンタッチで最大感度になる「最大感度チューニング」や、スイッチを切り替えるだけで最大パワーになる「MEGA」スイッチなどが便利です。
FS-Nシリーズ

[2]〈反射型の場合(1)〉
あらかじめ投光部と受光部が離れているタイプを選択します。
検出面付近で汚れやホコリ、水などに光が反射して受光量が増加することを防げます。

対策2

[3]〈反射型の場合(2)〉
透過型を横に並べて反射型として使用します。
ただし投光部と受光部を離しすぎると不感領域ができることにご注意ください。

対策3

参考

ファイバセンサの中には、センサの検出面が汚れてきた場合に設定値を自動補正して常に一定の比率に保つことができるものもあります。
【キーエンス:FS-Nシリーズ

参考

参考

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

ファイバセンサの商品一覧

  • デジタルファイバアンプ FS-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • ファイバユニット FUシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!