光で検出する方式
ファイバセンサのトラブル回避のための選定と対策

ワークの傾きによる検出ミスを防ぐ

ワークの傾きによる影響とは?

反射型センサの場合、ワークが傾くと受光部に戻る光が減少し、期待する反射光量が得られずにワークを検出でき ないことがあります。特に光沢ワークの場合は正反射が起こりやすいため、正対していると受光量が多くなり、傾く と受光量が激減することがあります。

ワークの傾きによる影響とは?

対策

[1]ワークが傾いた状態でも検出するように設定値を低くしておき、アンプでパワーを上げると、ワークに角度がついていても検出しやすくなります。

対策1

対策1

Point!

ワンタッチで最大感度になる「最大感度チューニング」や、スイッチを切り替えるだけで最大パワーになる「MEGA」スイッチなどが便利です。
FS-Nシリーズ

[2][1]で背景の方が反射光量が高くONしてしまう場合は、限定反射型のファイバユニットを選定するか、パワーの強い透過型ファイバユニットをVの字に取り付けます。背景の影響を受けないため、ワークだけを安定して検出できます。

対策2

[3]設置スペースが問題なければ透過型/回帰反射型センサを選択します。透過型/回帰反射型センサはワークの角度に関係なく、光軸がどれだけしゃ光されるかで検出します。

対策3

参考

参考

キーエンスのレーザセンサLR-Zシリーズ・GVシリーズでは、ワークとの距離をCMOSで検出し、更に反射光量に応じて自身の投光量を自動調整するため、優れた角度特性を有しています。
LR-ZシリーズGVシリーズ

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

ファイバセンサの商品一覧

  • デジタルファイバアンプ FS-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • ファイバユニット FUシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!