光で検出する方式
レーザセンサ位置判別型が持つ特長と強み

特長

スポットが見えるので設置が楽

スポットが見えるので設置が楽

レーザ光はLEDと違い、直進性が高いため、スポットがどこに当たっているのかすぐに分かります。光電センサなどと比べると設置工数が大きく削減できます。

検出距離を離せる

検出距離を離せる

長距離でも小スポットなので検出距離を気にせず設置が可能です。

小スポットで高精度

小スポットで高精度

最小50μmの小スポット(弊社ラインナップにて)ですので、小さい検出体も確実に検出できます。

狭い隙間でも使用可能

光が拡がらないから光の回り込みも起こりにくく、狭い隙間も狙えます。

column

column

キーエンスならボタンひとつで光量表示「100」と「0」の簡単感度設定が可能です。更に全ラインナップレーザクラス1に対応しており、安心です(LV-Nシリーズ)。

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

レーザセンサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザアプリセンサ ILシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • 照明一体型画像判別センサ IVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!