光で検出する方式
レーザセンサ 受光量判別型とは

概要

レーザセンサは、投光素子として直進性のある"レーザ"を採用したセンサです。スポットが見えるため、光軸合わせや検出位置の特定が容易になります。また光が拡がらないため光の回り込みなどを気にせず設置できます。

原理と主な種類

原理と主な種類

投光器の発光素子(レーザ)により発光し、受光器の受光素子により受光します。

反射型

反射型

透過型

透過型

回帰反射型

回帰反射型

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

レーザセンサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザアプリセンサ ILシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • 照明一体型画像判別センサ IVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!