光で検出する方式
レーザーセンサのトラブル回避のための選定と対策

設置後の光軸ズレ対策をする(透過型)

光軸ズレの原因・影響とは?

光軸ズレの原因としては、取付ネジの緩み、装置の振動などが挙げられます。光軸がずれると意図しないタイミングでON/OFFする可能性があります。

光軸ズレの原因・影響とは?

選定と対策

[1]振動・ネジ緩み等の対策の他、センサ側の対策として設置距離はできるだけ短くします。

選定と対策1

[2]光軸調整金具を必ず取りつけ、万が一光軸がズレても光軸角度をメンテナンスできる状態にしておきます。

選定と対策2

[3]若干スポットが広がるタイプを選定しておきます。

選定と対策3

参考

長距離になればなるほど、わずかな振動や角度誤差がレーザ位置ズレにつながります。光の広がりが気にならないのであれば、ファイバセンサのように光が広がるタイプを選定するのも手です。

参考

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

レーザセンサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザアプリセンサ ILシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • 照明一体型画像判別センサ IVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!