光で検出する方式
レーザーセンサのトラブル回避のための選定と対策

ワーク表面状態の変化への対策をする(反射/距離設定型)

表面状態が変化することの影響とは?

色変化や材質の差異、凹凸などによって受光量が変動し、意図せずON/OFFしてしまう場合があります。
特に反射型レーザセンサは、スポットが小さい分表面状態の変動による影響をより受けやすいといえます。

表面状態が変化することの影響とは?

選定と対策

[1]レーザ光がエリア状に広がったタイプや、スポット径を調整できるタイプを選定し、スポットを大きめにします。
スポットが大きいと検出面のばらつきが平均化されますので、検出が安定する場合があります。

選定と対策1

[2]少しでもワークが来るとONするように設定値を下げ(感度を上げ)ます。

選定と対策2

Point!

[SET]ボタン長押しのワンタッチで最大感度になる「最大感度チューニング」などが便利です。
LV-Nシリーズ

参考

参考

キーエンスのレーザセンサLR-Zシリーズ・GVシリーズでは、ワークとの距離をCMOSで検出し、更に反射光量に応じて自身の投光量を自動調整するため、優れた角度特性を有しています。
LR-ZシリーズGVシリーズ

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

レーザセンサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザアプリセンサ ILシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • 照明一体型画像判別センサ IVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!