光で検出する方式
レーザーセンサのトラブル回避のための選定と対策

鏡面体の検出ミスを防ぐ(反射/距離設定型)

鏡面体を検出しにくい理由とは?

鏡面体の検出ミスを防ぐ

鏡面体では光が正反射しやすいため、傾きが変わると直進性の高いレーザ光が受光部に戻らなくなり、受光量を確保できなくなる場合があります。
(もちろん鏡面体の反射率や汚れなど表面状態に左右されます。)

選定と対策

[1]反射型/距離設定型レーザセンサで検出する場合は、あえて少し傾けた状態で検出するか、鏡面以外の部分を狙ったほうが検出しやすくなります。

選定と対策1

[2]反射/距離設定型で検出できない場合は、透過/回帰反射型を選定します。表面状態の影響を受けません。

選定と対策2

[3]ファイバセンサなど、光がより広がるタイプを選定します。鏡面体が傾いた場合の受光量変動量が少なくなります。

選定と対策3

参考

参考

距離設定型のセンサは、三角測定の原理で検出をおこないますので表面状態の影響を受けにくくなっています。しかしあまりにワークの反射率が高いとスポット位置を正常に認識できない場合がありますので、事前に実験することをおすすめします。

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

レーザセンサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザアプリセンサ ILシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • 照明一体型画像判別センサ IVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!