光で検出する方式
レーザセンサ位置判別型が持つ特長と強み

特長

有無検出だけでなく、「計測」まで対応

距離や位置をより高精度に計測できるタイプもあります。以下はキーエンスの一例です。

CCD 透過型

CCD 透過型(IG シリーズ)

投光側からレーザを発信し、受光素子CCDで受光。CCDによってどの地点が遮光されたかが明確にわかり、対象物の通過位置や外径計測が可能です。

高精度CMOS 反射型

高精度CMOS 反射型(IL/IAシリーズ)

反射光を受光素子CMOSで受光し、三角測距の原理で検出。アナログ出力で位置情報を出力することなどが可能です。

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

レーザセンサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型TOF レーザセンサ LR-Tシリーズ

    カタログダウンロード

  • 汎用タイプデジタルレーザセンサ LV-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザセンサ GVシリーズ

    カタログダウンロード

  • CMOSレーザアプリセンサ ILシリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • 照明一体型画像判別センサ IVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!