光で検出する方式
光電センサが持つ特長と強み

特長

非接触検出

非接触検出

検出物体に接触せずに検出が行なえるため、検出物体を傷めることがありません。また、センサ自体も傷つかず、寿命が長くメンテナンスの必要がありません。

ほとんどの物体が検出可能

ほとんどの物体が検出可能

物体の表面反射または、しゃ光量によって検出するため、ほとんどの物体(ガラス、金属、プラスチック、木、液体など)が検出できます。

検出距離が長い

光電センサは一般的にハイパワーで、長距離検出が可能です。

column

column

キーエンス PZ-Gシリーズは離れていても見やすい「前面入光表示灯」を採用しています。光軸が合うと受光器の前面入光表示灯が光ってお知らせ。離れていてもはっきり見えるので、1人でも光軸調整が簡単・確実です。

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

光電センサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型ホワイトスポット光電センサ LR-Wシリーズ

    カタログダウンロード

  • 超小型アンプ内蔵型光電センサ PR-M/Fシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型光電センサ PR-Gシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型光電センサ PZ-Gシリーズ

    カタログダウンロード

  • 耐油・防水型光電センサ PXシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!