光で検出する方式
光電センサとは

概要

光電センサは、可視光線、赤外線などの"光"を、投光部から発射し、検出物体によって反射する光や、しゃ光される光量の変化を受光部で検出し出力信号を得るものです。

原理と主な種類

投光器の発光素子により発光し、受光器の受光素子により受光します。

反射型

反射型

発光素子と受光素子を1つのセンサアンプ内に内蔵しています。検出物体からの反射光を受光します。

透過型

透過型

投光器/受光器が分離しています。投光器/受光器間に検出物体が入ると投光器の光がしゃ光されます。

回帰反射型

回帰反射型

発光素子と受光素子を1つのセンサアンプ内に内蔵しています。検出物体からの反射光を受光します。発光素子からの光がリフレクタで反射し、受光素子で受光します。検出物体が来るとしゃ光されます。

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

光電センサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型ホワイトスポット光電センサ LR-Wシリーズ

    カタログダウンロード

  • 超小型アンプ内蔵型光電センサ PR-M/Fシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型光電センサ PR-Gシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型光電センサ PZ-Gシリーズ

    カタログダウンロード

  • 耐油・防水型光電センサ PXシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!