光で検出する方式
光電センサを環境に合わせて選ぶ方法

その他さまざまなバリエーション

検出環境や設置場所に応じた、さまざまな種類の光電センサが存在します。より環境にマッチした光電センサを選定できるよう、代表的な分類軸をご紹介します。

分離アンプの有無による分類

アンプ内蔵型

アンプ内蔵型

センサ単体で設定や表示確認をおこなうタイプです。構成がシンプルな分、本体サイズが若干大きくなります。

アンプ分離型

アンプ分離型

センサと離れたところにアンプを設置し、設定や表示確認ができます。センサヘッドは小型化できるため、取り付け自由度が高くなります。

筐体材質による分類

樹脂筐体型

樹脂筐体型

筐体が樹脂でできているタイプです。
比較的軽量なものが多いですが、強度的には金属筐体型に劣ります。

金属筐体型

金属筐体型

筐体がSUSなどの金属でできているタイプです。樹脂と比較すると堅牢で長寿命です。

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

光電センサの商品一覧

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型ホワイトスポット光電センサ LR-Wシリーズ

    カタログダウンロード

  • 超小型アンプ内蔵型光電センサ PR-M/Fシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型光電センサ PR-Gシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型光電センサ PZ-Gシリーズ

    カタログダウンロード

  • 耐油・防水型光電センサ PXシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!