超音波で検出する方式
超音波センサとは

概要と検出原理

超音波式センサとは、その名のとおり超音波を使用して距離を測定するセンサです。
センサヘッドから超音波を発信し、対象物から反射してくる超音波を再度センサヘッドで受信します。超音波式センサは、発信から受信までの「時間」を計測することで対象物までの距離を測定しています。

概要と検出原理

光学式センサには投光部と受光部の2つがありますが、超音波式センサは1 つの超音波素子が発信と受信の両方を行ないます。反射型の超音波式センサでは、1 つの振動子が発信と受信を交互に行なうので、センサの小型化が可能になりました。

距離の求め方

距離をL、発信から受信までの時間をT、音速をC とすると、

距離 L=1/2×T×C

の計算式で求めることができます。(Tは往復の時間ですので、1/2をかけています)

特長

一般的には検出方式の違いで下表の特徴があります。

【透明体の検出が可能】

超音波なら、ガラスや液面でも反射して返ってくるので検出が可能です。

【ミスト・汚れに強い】

多少のホコリや汚れなら、影響を受けずにワークを検出できます。

【複雑な形状の検出体でも検出可能】

メッシュ状のトレーやバネの有無なども、安定して検出が可能です。

INDEX

実際の商品については、こちらをご覧ください。

超音波センサの商品一覧

  • デジタル超音波センサ FWシリーズ

    カタログダウンロード

  • 超音波式変位センサ UD-300シリーズ

    カタログダウンロード

その他関連商品

  • アンプ内蔵型CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ

    カタログダウンロード

  • アンプ内蔵型ホワイトスポット光電センサ LR-Wシリーズ

    カタログダウンロード

  • デジタルファイバアンプ FS-Nシリーズ

    カタログダウンロード

  • 照明一体型画像判別センサ IVシリーズ

    カタログダウンロード

センサに関するお困りごとを解決!