食品・医薬品業界における画像センサ導入事例(代表事例)

食品・医薬品業界における画像センサ導入事例(代表事例)

食の安全を守り、検査の効率化に貢献する画像処理システム

食の安全を守り、検査の効率化に貢献する画像処理システム

経済発展によって私たちは豊かな食生活を手に入れてきました。一方で生産や流通は複雑化し、「どこで生産されたものなのか?」「残留農薬や放射性物質の問題はないのか?」といった多くの課題も生み出しました。そこで近年は「食の安全」が改めて取り沙汰されるようになり、厚生労働省をはじめ農林水産省や消費者庁などの省庁でも検査基準の強化やトレーサビリティの確保を促しています。

そして生産者をはじめ、加工業者や小売業者は、消費者の食の安全を守るために検査を徹底する義務があります。また不良品の混入などが発生した場合には速やかに回収する必要もあり、検査の自動化や管理体制の強化、トレーサビリティの重要度が増しています。

消費期限や異物混入、梱包不良の検査などは、従来は人の目と経験に頼らざるを得ず、コストも時間もかかっていました。しかし、医薬品の錠剤などは目視で判断が難しく、人の目だけでは限界があります。錠剤はあくまでも一例ですが、このような手間と時間を削減して生産性を向上し、さらに安全・安心な食べ物を届けるため、近年では検査工程に画像処理を導入する企業が増えています。こちらでは、食品・医薬品業界における画像センサ導入事例をご紹介します。

有無・品種判別検査

インスタントラーメンのかやくなど同梱物の有無を画像センサで検査します。

検査のポイント

画像センサを使ってインスタントラーメンのかやくやスープの有無を検査します。1台のコントローラで複数の画像センサを制御できるので、多列の生産ラインにも対応でき、運用性が向上しています。

画像センサによる判別結果

画像センサによる判別結果

段ボールケース内のペットボトルの入り数を画像センサでカウントします。

検査のポイント

2100万画素カメラを使用することで、広い視野でも高精度に検査が可能です。個数のカウントだけではなく、キャップの異品種検査など細かな文字や色の違いも、1台のカメラで検査可能です。

2100万画素画像センサによる判別結果

2100万画素画像センサによる判別結果

パックジュースのストロー有無を画像センサで検査します。

検査のポイント

パックジュースのストロー有無検査は、背景形状や位置の変化により安定した検出が困難でした。「LumiTrax機能」を利用すれば、背景や位置のずれに影響を受けない安定検査が可能です。

画像センサ+LumiTraxによる判別結果

画像センサ+LumiTraxによる判別結果

外観検査

ペットボトルのラベルの破れや傷などの外観を画像センサで検査します。

検査のポイント

ペットボトルのシュリンク包装の破れを検査します。高速処理により、速度の速い飲料業界の各ラインにも対応可能です。

画像センサによる判別結果

画像センサによる判別結果

食品トレーの汚れや傷などを画像センサで検査します。

検査のポイント

食品用容器の汚れやしわなどの検査を行ないます。高画素カメラでも高速で処理ができるため、将来の検査要求アップやラインの高速化にも対応可能です。

画像センサによる判別結果

画像センサによる判別結果

麺帯の汚れや穴あきなどの外観検査を画像センサで検査します。

検査のポイント

麺帯の汚れ・穴あきの検査は検査範囲が広く、従来のエリアカメラでは均一な照明条件が得られず安定した判定が困難でした。キーエンスのラインスキャンカメラであれば均一な照明条件が得られるので安定検査が可能です。

ラインスキャンカメラによる判別結果

ラインスキャンカメラによる判別結果

飲料缶などの凹みや傷を画像センサで検査します。

検査のポイント

缶側面の凹みなどの外観検査は、印刷もあり判別が困難でした。ラインスキャンカメラを用いることで印刷をキャンセルし、凹みや傷のみを抽出することができます。

ラインスキャンカメラによる判別結果

ラインスキャンカメラによる判別結果

寸法検査

注射針の刃面の寸法を画像センサで検査します。

検査のポイント

注射針の刃面は、使用時の痛みを和らげるために斜めに2度の切り落としを行います。通常の画像センサでは判別が困難でしたが、照明条件の工夫により、それぞれの刃面の寸法を高精度に測定・管理できます。

画像センサによる判別結果

画像センサによる判別結果

容器ラベルの貼りずれを画像センサで検査します。

検査のポイント

容器に巻きつけられたラベルのずれを検査します。ずれだけではなく、めくれなどの外観不良も同時に検査可能です。

画像センサによる判別結果

画像センサによる判別結果

梱包袋のシール幅を画像センサで検査します。

検査のポイント

梱包袋のシール幅検査は、模様や凹凸、ハレーションなどで安定した検査が困難でした。「LumiTrax機能」を使用すれば、シール部分の凹凸情報をもとにした形状による検査が可能です。

画像センサ+LumiTraxによる判別結果

画像センサ+LumiTraxによる判別結果

位置決め・アライメント

画像センサで缶詰の柄を検知し、向きを判別します。

検査のポイント

複数の缶詰をパッキングする際に、方向が合うように柄を検知します。マークの位置情報を装置に出力し、製品を回転させる補正を行うことでパッキングなどの手間を省きます。

画像センサによる柄合わせ

画像センサによる柄合わせ

お菓子の箱詰めロボット用の位置決めを画像センサで行います。

検査のポイント

お菓子の箱詰めは人手で行うケースが多かった代表的な工程ですが、画像処理とロボットの導入により自動化が進んでいます。

画像センサによる位置決め

画像センサによる位置決め

認識検査

食品・医薬品の賞味期限印字を画像センサで判別します。

検査のポイント

印字の打ち間違いや文字の欠損など、印字不良を検査します。検査データは画像とともに記録し、長期保存することで万が一のトラブルにも備えることができます。

画像センサによる判別結果

画像センサによる判別結果

医薬品能書の文字・バーコードを画像センサで検査します。

検査のポイント

医薬品業界ではトレーサビリティのニーズが高まっています。画像処理を利用すれば、1台の検査システムで文字・バーコード・ラベルなど多様な検査に対応できます。

画像センサによる判別結果

画像センサによる判別結果

3次元画像処理

チョコレートの個数・欠点を3次元測定器で検査します。

検査のポイント

3次元測定器LJ-Vシリーズを利用することで、ワークの個数はもちろん、ワーク上の凹みや異物なども同時に検査することが可能になります。

3次元画像による判別結果

3次元画像による判別結果

ブリスター包装の外観を3次元測定器で検査します。

検査のポイント

ブリスター包装後の破れなど外観検査は、表面の光沢や湾曲に影響され安定検査が困難でした。3次元画像処理であれば、表面状態に左右されることなく不良を検出できます。

3次元画像による判別結果

3次元画像による判別結果

画像処理.comトップへ戻る

画像センサを学ぶ
ハード編
CCD(画素)と画像処理の基礎
レンズ選定の基礎
照明選定の基礎
カラーカメラの効果と前処理について
ソフト編
外観検査の基礎
寸法検査の基礎
位置検出の基礎
位置補正について
前処理フィルタについて
実践編
処理速度の考え方
最小検出体の考え方
シャッタースピードの考え方
理解度チェック
画像処理理解度テスト 1
画像処理理解度テスト 2
画像処理理解度テスト 3
画像センサの用途
有無検査(数量・欠品)
外観検査(異物・傷・欠陥)
寸法測定
位置決め・アライメント
文字検査・OCR
3次元検査(体積・高さ)
ロボットビジョン
業界別導入事例
自動車業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
食品・医薬品業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
電子デバイス業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
選定のポイント
目的に合った機器の選定
目的に合ったカメラの選定
目的に合ったレンズ・照明の選定
検査仕様にあわせた機器の選定
導入のメリット
画像処理で収益改善
生産タクト・装置タクト向上がもたらす収益改善
信頼を伴う省力化がもたらす収益改善
「見える化」、早期源流対策がもたらす収益改善
導入、メンテナンス効率向上がもたらす収益改善
最適な機器選定とスピード導入による収益改善
「最短トラブル復旧」による収益改善
画像センサにまつわる歴史
カメラ編
レンズ編
照明編
FA編
トレーサビリティ編
CV-Xシリーズ
ご相談・お問い合わせはこちらから
CV-Xシリーズ XG-8000シリーズ
お電話でのお問い合わせ 0120-014-414 受付時間8:00~20:00※土日・祝日除く 技術資料ダウンロード ご相談・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 0120-014-414 受付時間8:00~20:00※土日・祝日除く 技術資料ダウンロード ご相談・お問い合わせ