文字検査ソリューション

文字検査の基本

印字検査の分類

印字検査は、その目的によって以下のように分類できます。
目的によって、検査方法や使用する機能が異なることがあります。

  • 印字有無        印字機器の調整不足やトラブルにより、印字がされていないワークを検出する。
  • 印字品質        印字機器の調整不足やトラブルにより、読み取れない文字を検出する。
  • 文字照合(OCV)  印字された文字が、本来あるべき印字内容と一致しているか判定する。
  • 文字認識(OCR)  印字された文字を読み取り、主に外部へ出力し仕分けや照合、自動制御に使用する。

※ OCV…Optical Character Verification  OCR…Optical Character Recognition

文字認識のしくみ

画像センサによる文字認識は、下図のようにカメラで撮像された対象物の文字を1文字ずつ認識し、あらかじめ内部に登録しておいた辞書(文字フォント群)と最も形状が一致するものをその文字として認識します。
さらに、正しい文字列を判定公差として登録することによって、認識された文字列と全て一致しているかどうかを判定し、
OK、NGの判定結果を出力することができます。また、読み取られた文字列を外部機器へ文字データとして出力することも
できます。

文字検査の基本

よくあるご質問

文字検査における、よくあるご質問の一例を以下にご紹介いたします。

形状が似ている文字は認識できるの?
CV-5000の文字認識機能では、登録されている文字と形状がどれだけ一致しているかを表す認識度により、最も一致度が高い文字を第一候補、二番目を第二候補として検出します。第一候補と第二候補の認識度の差(=安定度)が大きいほど、似た文字がなく、誤認識の可能性が低い安定した結果となります。右の例は、数字とアルファベットの中で形状が似ている、「0」(ゼロ)と「O」(オー)、「8」と「B」、「1」(イチ)と「I」(アイ)が混在した文字列を検査したときの認識度と安定度の結果です。この結果より、ゼロとオーは安定度がほぼ0で形状に差がないという判定になります。これ以外の8,B,1,I は、形状の一部に差があるため、十分認識できる差が得られています。ただし、印字フォントや印字品質により、これらの文字も安定度が下がり易いので、検出には注意が必要です。
文字検査の基本
文字の大きさ変化があっても問題ないか?
CV-5000シリーズでは、文字の自動切り出しが有効な場合、下の画像のように大きさが変動しても
認識精度には影響しません。
これは、文字の自動切り出しにより、文字サイズに対して大きさの正規化を行なった後、認識処理を行なうためです。
文字検査の基本
どれくらいの欠陥文字を判定できるの?
印字品質検査の用途では、「ここまでは、読み取りたいが、これはNGとしたい」といった印字品質に対するご要望があります。このしきい値を決めることは、実は簡単そうで簡単はありません。
CV-5000シリーズでは、印字品質が正常な文字とどれくらい差があるかを認識度の変化として得ることができます。
つまり、印字形状が変形すると認識度が下がります。
下の例は、正常な印字と印字品質が低下したものを検査したときの認識度の変化を比較しています。
右側のように文字に太り、細り、汚れ、欠けなどがあると、認識度が下がります。
ただし、どのような文字なら認識度がどれくらい下がるかということを定量化することが難しいため、ご要望の判定結果となる画像センサのしきい値を決定するためには、複数の文字による統計的なデータを参考とする方法が
一般的です。
文字検査の基本

文字検査でオススメの機種

様々な用途や検査に合わせてフレキシブルに対応可能な、超高速・高容量マルチカメラ画像処理システム。
XG-8000


文字検査で相談したい方はこちらから
サポート

文字検査についてさらに学びたい方はこちら

文字検査にも役立つ、画像処理の基礎から実践まで学べる画像処理の教科書「画像道場(総集編)」です。