寸法検査ソリューション

エッジ検出の基本原理

エッジとは、画像内に生じる明るい部分と暗い部分の境界のことです。
エッジ検出とは、この濃淡変化の境界を画像処理で検出することです。エッジは以下の4 つのプロセスから求められます。

投影処理を行なう

計測領域内の画像に投影処理をかけます。
投影処理とは、検出方向に対して垂直にスキャンを行ない、各投影ラインの平均濃度を求めることです。
投影ラインの平均濃度波形を投影波形と呼びます。

エッジ検出の基本原理

投影処理とは?

投影方向の平均濃度を求めることです。
領域内のノイズ的な変化による誤検出を軽減します。

エッジ検出の基本原理

微分処理を行なう

投影波形をもとに微分処理を行ないます。エッジとなりうる濃淡変化が大きい箇所は微分値が大きくなります。

エッジ検出の基本原理

微分処理とは?

濃淡(階調)の変化量を求める処理です。
領域内の濃度絶対値変化の影響をキャンセルします。

例)濃淡変化のないところは0。
白色(255)→黒色(0)の変化の場合は- 255。

微分の最大値が100%になるように補正する

実ラインでのエッジを安定させるために、常に微分値絶対値の最大が100%になるように補正をかけます。
設定した「エッジ感度(%)」をこえた部分の微分波形のピーク点をエッジ位置として求めます。
濃淡の変化度のピーク点を検出する原理のため、照度変化の多い実ラインでも安定するエッジ検出が実現できます。

エッジ検出の基本原理

サブピクセル処理を実行

微分波形の最大部分を中心とする近傍3 画素に注目し、この3つの画素で形成される波形から補間演算を行ないます。
エッジ位置を1/100 画素単位まで計測します。(サブピクセル処理)

エッジ検出の基本原理

寸法検査でオススメの機種

様々な用途や検査に合わせてフレキシブルに対応可能な、超高速・高容量マルチカメラ画像処理システム。
XG-8000


寸法検査で相談したい方はこちらから
サポート

寸法検査についてさらに学びたい方はこちら

寸法検査の基礎から応用、裏ワザテクニックまで網羅した「検査の極意大全」です。