業界で選ぶ

食品・薬品業界のトレンド

食品・薬品・医療品業界では省人化や安全というキーワードから年々、画像処理検査のニーズが高まっております。
従来より多数の実績のありました有無検査や、異品種検査、日付検査はもちろんのこと、最近では異物検査・包装不良などの外観検査のご要望が高くなってきております。

事例 1

カップめんの具材有無検査

インパネ検査(欠陥検査およびスピードメーターの針位置検査)
検出のポイント

カップめんの具材の有無検査を、カラーカメラを用いて行います。

導入のポイント

高精度の色抽出により安定検出を実現し、目視検査員の削減につながりました。また、運転中の設定調整により、ラインを止める必要がなくなります。

おすすめ機種

超高速・高容量マルチカメラ画像処理システムXG-8000シリーズ

OK
NG

事例 2

飲料キャップの異品種検査

飲料キャップの異品種検査
検出のポイント

キャップの異品種混入検査を、CV-Xシリーズの学習検査を用いて行います。

導入のポイント

様々な品種の検査を、良品を学習させるだけで行えるようになります。

おすすめ機種

学習機能搭載画像センサCV-Xシリーズ

OK
NG

 

お問い合わせ

サポート・お問い合わせ窓口リンク先
事例 3

飲料のバーコード読み取り・印字検査

バーコード読み取り検査
検出のポイント

1次元コードの読み取りと印字検査(OCR)を同時に行っています。

導入のポイント

バーコードリーダーとカメラを統一し、スペースやコスト面でメリットが出ます。

おすすめ機種

超高速・高容量マルチカメラ画像処理システムXG-8000シリーズ

OK
NG

事例 4

注射針の針先端位置検査

バーコード読み取り検査
検出のポイント

注射針の先端位置をトレンドエッジ位置モードで検出します。

導入のポイント

最大5000点の高精度な検査により、針の先端も正確に検出することができます。

おすすめ機種

学習機能搭載画像センサCV-Xシリーズ

OK
NG

お問い合わせ

サポート・お問い合わせ窓口リンク先
事例 5

麺の厚み測定

麺の厚み測定
検出のポイント

麺の厚みをレーザ変位計でインライン測定します。

導入のポイント

粉塵の影響で発生する突発的な値飛びをキャンセルするフィルタ機能を搭載。インラインでも安定測定ができます。

おすすめ機種

超高速・高精度レーザ変位計 LK-G5000シリーズ


お問い合わせ

サポート・お問い合わせ窓口リンク先

オススメ動画

印字検査

トレンドエッジ欠陥検出