業界で選ぶ

樹脂業界のトレンド

樹脂業界では、製品の小型化・多品種小ロット生産が多くなってきているなか、要求検査が厳しく目視では対応が難しくなくなってきており、年々画像処理検査のニーズが高まっております。特に、樹脂製品では成形後の汚れ検査、バリ検査など外観検査のご要望が高くなってきています。

事例 1

樹脂キャップのバリ検査

樹脂キャップのバリ検査
検出のポイント

樹脂キャップ上に発生するバリやヒケをトレンドエッジ欠陥モードで検出します。

導入のポイント

トレンドエッジ欠陥モードによりキャップのつばのようなフリー曲線上の欠陥も確実に検出できます。

おすすめ機種

学習機能搭載画像センサCV-Xシリーズ

OK
NG

事例 2

ガラスびんの口元欠け検査

ガラスびんの口元欠け検査
検出のポイント

ガラスびんの口欠けを、傷モードで検査します。

導入のポイント

処理の高速化により、高速ラインにも対応できるようになります。また、500万画素カメラを使用し、高精度な検査を行っています。

おすすめ機種

超高速・高容量マルチカメラ画像処理システムXG-8000シリーズ

NG

事例 3

シートの外観・寸法検査

シートの外観・寸法検査
検出のポイント

シート状の欠陥検査や、幅の測定をラインスキャンカメラを用いて行います。

導入のポイント

500m/分以上のラインにも対応し、様々な検査を同時に行うことができます。項目の追加も簡単に行えます。

おすすめ機種

超高速・高容量マルチカメラ画像処理システムXG-8000シリーズ

フィルムの気泡
シートのシワ・凹み

事例 4

樹脂塗装品のキズ検査

樹脂塗装品のキズ検査
検出のポイント

様々な大きさの樹脂ワークの欠陥検査を、設定を変えずに行います。

導入のポイント

ワークの形状やサイズの変化をブログ処理で認識し、その輪郭を検査領域に置き換えて指定の検査を行います。トリガごとに領域を書き換えるため、突然のワーク変更や交差範囲内での形状にも柔軟に対応できます。

おすすめ機種

#

検査領域の追従による自動検査

 

お問い合わせ

サポート・お問い合わせ窓口リンク先
事例 5

ゴムシートの厚み測定

ゴムシートの厚み測定
検出のポイント

成形後のゴムシートの厚みをレーザ変位計でインライン測定します。

導入のポイント

世界最速のサンプリング速度392kHzで得られた大量のデータを平均処理することで、インラインでもミクロンオーダーの測定ができます。

おすすめ機種

超高速・高精度レーザ変位計 LK-G5000シリーズ


 

お問い合わせ

サポート・お問い合わせ窓口リンク先
事例 6

押出し成形後の外径測定

押出し成形後の外径測定
検出のポイント

押出し成形後の外径を寸法測定器でインライン測定します。

導入のポイント

蒸気や粉塵などの悪環境ではエアパージを使い、安定した測定ができます。エアパージユニットを標準搭載し、耐環境設計を実現しました。

おすすめ機種

超高速・高精度 寸法測定器 LS-9000シリーズ


 

お問い合わせ

サポート・お問い合わせ窓口リンク先

オススメ動画


トレンドエッジ欠陥検出


樹脂ボトルの凹み検査

世界初ラインスキャンカメラ対応画像処理システム