業界で選ぶ

日用品業界のトレンド

昨今、消費者の目はさらに厳しくなっています。値段が安いは当たり前で、その上で満足できる性能や外観を備えていなくてはいけません。そのため弊社には異物や外観検査を自動化したいという声が多数寄せられています。高速ラインでは人の目がついていきません。人の目に代わる能力を今、求められています。500m/分を超えるほどの速度であっても対応可能です。高速ラインで厳しい検査にぜひご検討ください。

事例 1

不織布製品の外観検査

衛生品の外観検査
検出のポイント

吸引体やテープのずれ検査を、ラインスキャンカメラを用いて行います。

導入のポイント

照明条件の均一性とともに、最大6700万画素の高精度検査が実現しました。

おすすめ機種

超高速・高容量マルチカメラ画像処理システムXG-8000シリーズ

エリアカメラのイメージ
ラインカメラのイメージ

事例 2

ラベルの位置ずれ検査

ラベルの位置ずれ検査
検出のポイント

ラベルのずれ検査を、エッジやパターン検出を組み合わせて検出します。

導入のポイント

ラベルのずれだけでなく、ラベルの細かいめくれも検出できるようになりました。

おすすめ機種

学習機能搭載画像センサCV-Xシリーズ

OK
NG


オススメ動画


トレンドエッジ欠陥検出

世界初ラインスキャンカメラ対応画像処理システム