Sustainability

ビジネス

Corporate Value

ceo-portrait

当社は会社設立以来「会社を永続させる」ことを経営理念の一つに掲げています。

会社を永続させるためには社会に貢献し社会から支持され続けなければなりません。

私たちが最も社会に貢献できることは何か?私たちだから実現できることは何か?

それは「ものづくりの現場で起きている様々な課題を、商品を通じて解決すること」だと考えています。

ものづくりの現場では、労働力不足に対応する生産性の向上や、安全に配慮した生産体制の構築、製造品質の向上など、いくつもの社会的課題を抱えており、ものづくりのあり方は今後さらに大きく変化していきます。その変化を支え、進化を加速させるために「今まで世の中になかった新たな価値」を生み出し続けることこそが、社会への貢献だと考えています。

これからも、全社一丸となって持続的な「付加価値の創造」に邁進していきます。

代表取締役社長

中田 有

contribution

生産性の向上

業界や国を問わず、あらゆる現場で製造時間を短縮するための合理化が進められています。

生産性向上につながる商品とアプリケーションを提案することで、生産時間を短縮し、生産性向上に貢献しています。

カメラ内蔵レーザ変位センサ IXシリーズ

カメラ内蔵レーザ変位センサ IXシリーズ

従来は複数のポイントを測定するために対象物を移動させる、あるいは、工程を分けて測定していました。IXシリーズは測定対象物を画像で認識し、指定したポイントをレーザで測定することで、複数の高さを同時に判別します。これにより、生産時間の短縮に貢献しています。

品質の向上

商品の高機能化・高品質化に伴い、品質の向上はより重要なものになっています。

当社の商品をご採用いただくことで、高品質な製品を安定して生産することができます。

画像処理システム XG-Xシリーズ

画像処理システム XG-Xシリーズ

8波長のLEDを搭載するマルチスペクトル照明と、業界最多14コアの画像処理システムで、通常のカラーカメラでは識別できない、わずかな色の違いを正確に判別します。

食品に混入する異物やコゲ、汚れなどの検査を高速に行い、食品安全の向上に貢献しています。

労働環境の安全確保

生産現場における安全性向上に寄与する商品を提供しています。

これにより、安全衛生管理の負担も低減されます。

具体的には、生産現場で使用される機械・ロボットなどの危険な要素から作業者の安全性を確保しつつ、生産性も維持できるような「安全機器」の開発を行い、現場の安全性向上を推進しています。

セーフティレーザスキャナ SZ-Vシリーズ

作業者の危険領域への侵入検知
無人搬送車の衝突防止

セーフティライトカーテン GLシリーズ

圧入工程の安全対策
組立工程の安全対策

労働環境の改善

有機溶剤およびアルコールを使用したインク・補充液を日本国内で取り扱う場合には対策が必須です。

産業用インクジェットプリンタの使用にあたっては、インクや補充液の有害性を確認するために、リスクアセスメントの実施が義務付けられています。

当社のインクジェットプリンタは、健康障害を防止するさまざまな機能を搭載しています。

従来は安全にメンテナンスをするには特別な装備が必要でした

リスクアセスメント

インクジェットプリンタをお使いいただくためには、日々のメンテナンスが必要になります。リスクアセスメントの結果に基づき、事業者はその対策を検討する必要があります。

MK-Uシリーズなら誰でも安心してメンテナンスができます

MK-Uシリーズ

MK-Uシリーズはインクや補充液の曝露や吸入を防ぐ新構造を搭載しました。従来のインクジェットプリンタに求められる特別な対策や追加コストはかかりません。

※ ポンプ交換などの特別な作業を除く。作業内容に応じて事業者が対策を判断する必要があります。

business model

当社の商品は特定の業界にとらわれることなく、半導体、液晶、電気、自動車、食品、医薬品、消費財、バイオ医療、金属鉄鋼、物流、小売業界まで幅広い業界に採用されています。また、販売拠点を世界46ヵ国230拠点に持ち、約30万社のお客様と幅広くお取引をしています。

企画・開発

新商品の約7割が「世界初」「業界初」。

グローバルダイレクトセールスで得た顧客の潜在ニーズや困りごとを見極め、「世界初」「業界初」となる商品を、特定の業界やお客様向けの特注品ではなく、幅広い業種・業界向けに採用していただける標準品として企画開発しています。お客様の欲しいものをそのまま商品化するのではなく、お客様自身も気づいていない潜在ニーズを把握して、「このような商品が欲しかった」と思われるような商品を生み出しています。

ファブレス生産体制

自社工場を持たず、生産は全国の協力工場に委託しています。これにより、設備投資を抑えた上で、商品の特性に合わせて最適な設備や技術を持つ工場を選定できます。当社の担当部署が商品の企画から開発、設計、生産に関わる部材を調達し、生産技術や生産企画、品質管理部門が生産に携わることで、生産における知識や技術を蓄積しながら、高品質な商品を量産する体制を構築しています。

グローバルダイレクトセールス

深い知識を持った営業担当が、代理店を介さずに直接お客様を担当することで、お客様が抱えている課題やニーズを把握し、商品を通じて的確かつ迅速な課題解決案を提案します。代理店を介さない直販体制にすることで中間マージンを省くことにもつながります。各国の拠点にいる営業担当者と密に連携することで、お客様のグローバルなものづくりをサポートします。

一般的な販売体制

間に代理店などを挟むため、お客様の真の課題を把握することが難しい。

一般的な販売体制

キーエンス直販体制

キーエンスなら深い商品知識を持った営業担当者が直接担当し、お客様の課題に最適な解決策を提案できます。

キーエンス直販体制

サービス・サポート体制

当日出荷体制

商品は全世界で当日出荷。必要な時に必要な数量が入手できるため、お客様の在庫負担を最小限にすることができます。

当日出荷体制

無料テスト機サービス(一部商品を除く)

ご購入前に当社の商品の「性能・使いやすさ」をご評価いただけるサービスです。購入品と同じく、テスト機も当日出荷します。これにより、安心して商品を購入できることはもちろんのこと、ミスマッチによる廃棄を低減することにもつながります。

product offer

商品をお客様に提供するまで

当社は生産の多くを協力工場に委託するファブレス体制による生産を行っていますが、商品の企画から開発、設計および生産に関わる部材調達は当社が行います。

生産は主に国内の協力工場で行い、当社の生産技術や生産企画、品質管理部門が協力工場と連携し、組み立て図面の提供や部材の支給も行うなど、生産に深く関与することで高品質な商品を製造する体制を構築しています。

生産した商品は当社の国内にあるロジスティクスセンターから、国内は直接、海外は現地の物流拠点を経由して、全世界のお客様に供給しています。

調達ガイドライン

当社と同様、サプライチェーンにおいても、そこで働いている方々の人権を考慮した職場環境づくりを実行していくため、強制労働・児童労働の禁止や差別的な処遇の排除の要請を含む調達ガイドラインを定め仕入先企業に要請しております。また、環境保全のための環境負荷低減・環境汚染予防の取り組み、労働安全衛生環境の整備、あるいは人権の尊重に対する取り組みなどは、取引基本契約を通じて要請しています。

調達ガイドライン

グリーン調達

グリーン調達を推進するため、以下のような取り組みを行っています。

  • 環境管理物質管理規定を策定し、仕入先企業に遵守をお願いしています。
  • 訪問による指導や調査票によるヒアリングにより、仕入先企業に対し環境管理体制の確認と指導を行っています。
  • 部品ごとに、非含有証明書や業界標準フォーマットによる含有物質情報の提供を仕入先企業に要請しています。
  • 社員に対する環境教育として、環境に関する研修会の実施などを行っております。
  • ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを構築しており、第三者機関による認証を受けています。

サプライチェーンマネジメント

商品の製造を委託するにあたって、当社の基本的な方針及びルールを各協力工場と事前に共有・確認し、以下の項目を順守することを要請しています。

また、毎年、サンプリングにより各協力工場への実地確認を行い、以下の項目についての順守状況を確認し、製造現場の状態並びに改善状況の把握に努めています。

  • 法令を遵守した公正な取引
  • 強制労働の禁止(意に反する強制労働の禁止、労働契約締結時の金銭(手数料・保証金等)徴収禁止 など)
  • 児童労働の禁止(児童を雇用しない、労働させない)
  • 差別的な処遇、地位や立場を利用してのハラスメントの禁止
  • 機密保持
  • 作業環境の保全
  • 安全管理
  • 各種法令の遵守
  • 規格への適合と維持、環境方針への取り組み
  • 人権を尊重した職場環境づくり

The UK Modern Slavery Act 2015(英国現代奴隷法)への対応

株式会社キーエンスは、The UK Modern Slavery Act 2015(英国現代奴隷法)第54条の規定に基づき、本声明を公表しています。

2018年度 声明:英文(PDF) 2018年度 声明:和文仮訳(PDF)