現場改善のヒント

「QCD」の優先順位やバランスは、どうやって決めるべき?

QCDとは、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)の頭文字を並べたものです。この3つは、製造業において、欠かすことのできない重要な要素です。どの要素も可能な限り向上させようと、多くの製造現場で努力が重ねられています。
QCDの3要素はどれも重要ですが、すべてを同じように向上させることは非常に困難です。それぞれ相互に関係しているので、1つを向上させると、別の要素が悪化することも少なくありません。QCDのバランスを最適化するための優先順位の考え方などについて解説していきます。

「QCD」の優先順位やバランスは、どうやって決めるべき?
この記事でわかること

QCDの相関関係を見直す

製造業では、より良い製品を、満足できる価格で、希望する納期までに届ける努力・実行が求められます。QCDは相互に関係して成り立っています。
品質・コスト・納期それぞれが相互にどのように関係しているか、下記に例を示します。

・Quality(品質)優先の場合
品質が低いと製品は売れません。しかし、品質向上のために高性能な設備を導入したり、検査項目を増やしたりすると、製造・検査のコストが上がり、利益を出すことが難しくなります。同時に、完成品出荷までに時間がかかるため、要求された納期を守る難易度も増します。
・Cost(コスト)優先の場合
利益を出すために無理にコストを下げ、設備メンテナンスの頻度を減らしたり、検査基準を緩めたりすれば、品質が低下するリスクが生じます。品質が低下すれば、納品しても良品との交換で納品が遅れたり、企業の信頼性そのものにも悪影響を及ぼす場合があります。
・Delivery(納期)優先の場合
もし納期を無理に早めると、製造時の不備や検査の見落としにより品質が低下したり、納期短縮のための設備増強や人員確保などのコストなどが発生します。

このように、QCDの3つを同時に向上させることは難しく、QCDはバランスや優先順位を考えながら、ものづくりに取り組むことが重要となります。

QCDのバランス・優先順位を決めるコツ

Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)のバランスや優先順位を考えるうえで知っておくべき、基本的な考え方をまとめます。

・まずは「Quality(品質)」を最優先で考える
一般的に、QCDのなかで最も優先すべき要素はQuality(品質)とされています。どんなに安く、早く製品が届いたとしても、使い物にならない品質であれば意味がありません。要求される品質を満たすことは、ビジネスにおける必須条件です。
・「Cost(コスト)」と「Delivery(納期)」は、顧客の要求や状況を考慮
Cost(コスト)とDelivery(納期)の優先順位は、顧客の要求や現場の対応力によって変化します。たとえば、顧客が製品を使用する日が決定していて、納期までに製品が揃えなければならない場合、多少コストをかけてでも納期を優先します。予算が決定していてコスト増が困難であれば、納期よりもコストが優先されます。品質を確保した上で、それに見合うコスト(売値)と納期を顧客と擦り合わせ、QCDが顧客にとって最適になるように調整します。
・顧客満足や利益の追求だけでなく、自社の製造現場にも着目
必要以上の品質追求、過剰なコスト削減、厳しい納期設定などは、製造現場に負担をかけ、利益低下にもつながる場合があります。また、顧客の要求など外的要因だけでなく、現場環境の改善による業務効率向上によっても、QCDバランスの最適化を推進できることがあります。それは、企業としての競争力にも繋がります。

多様化するQCD。QCDS・QCDE・QCDFへの要求

近年は、従来のQCDにさらなる要素を付加した考え方への要求も高まっています。
その例と付加された要素を下記に示します。

  • QCDSのSは、Safety(安全)やService(顧客対応)
  • QCDEのEは、Environment(環境)
  • QCDFのFは、Flexibility(柔軟性)

このように時代のニーズに応えるための要素を加えた考え方は、グローバル化やIoT化などが急速に進展する製造業において、自社の競争力を高めるために必要不可欠となりつつあります。
製品の安全性確保や、環境負荷の軽減を考慮することで、他社との差別化やブランド力向上、信頼性の獲得に繋がります。また、顧客対応も含めた品質の高さやニーズに素早く応えるための柔軟性も、顧客に選ばれるための大事な要素となります。
これからの製造業は、QCDに並ぶ自社ならではの要素を強みとして活かし、新たな価値を創造していくことが大切です。

メルマガ登録(無料)

メールアドレスを登録するだけ!
さまざまなお役立ち情報や、
最新情報をお届けします。

  • 現場で役立つノウハウ
  • 「カイゼン」のヒント
  • セミナーのお知らせ

Web会員登録

  • Point
    1
    3000冊以上の役立つ資料
    すべて1クリックでダウンロード可能!
  • Point
    2
    メールマガジンで
    人気の資料新商品情報お届け!

ご相談・お問い合わせ

技術的なご質問など、
こちらからお問い合わせいただけます。

0120-100-470

受付時間 8:30~20:00 (土日・祝日除く)

お電話でのご相談・お問い合わせ

0120-100-470

受付時間 8:30~20:00
(土日・祝日除く)