PLC動画セミナー(変数・FB編)

当サイトの対象者

プログラムの標準化・流用性の向上を検討されている方

セミナー受講にあたり必要なもの

  • PLCスキルアップテキスト(変数・FB活用編)※テキストのダウンロードはこちら
  • サンプルプロジェクト ※ダウンロードはこちら
  • KV-8000、Ver.11以降のKV STUDIO ※KV-8000が無い場合でもシミュレータを使用して体感いただけます。
  • 最新版のKV STUDIO(体験版もご使用いただけます)※最新版アップデータ、体験版インストーラはこちら

ビギナーズ編はこちら

動画説明

初めに

テキストの内容説明

プログラムの標準化に向けて

変数・FBのメリット

変数とFBのメリットを紹介

変数の使用方法

ローカル変数

ローカル変数を使用したプログラムの作成方法

グローバル変数

グローバル変数を使用したプログラムの作成方法

変数のデータ型

KV-8000で使用できるデータ型の紹介

配列

データ型の1つである、配列の使い方

(補足)配列を活用したプログラム例

FOR文と配列を組み合わせて繰り返し処理を行う方法

構造体

データ型の1つである、構造体の使い方の紹介

(補足)構造体型配列

配列と構造体を組み合わせて使用する方法

変数の段取り替え

KV-8000の変数の値を一斉に切り換えて使用する方法

ファンクションブロックの使用方法

FUNとFB

KV-8000で使用できるファンクションブロックの種類を紹介

FUN

ファンクションを使ってプログラムを流用する方法

FB

ファンクションブロックを使ってプログラムを流用する方法

インスタンス

ファンクションブロックで使用できるインスタンスについて説明

ネスト

流用しやすいよう、ファンクションブロックを小分けにして作成するテクニック

タッチパネル連携

タッチパネル連携

VT STUDIOで変数を使って作画する方法

実習課題

変数、ファンクションブロックを実際に使用する実習課題と、その解説です。

標準偏差

測定データの管理

データの検索

アームの座標計算

位置決め目標座標の設定