基板組み付け時の異品チェック

CASE
自動車・車体組立

基板上の複数の部品の品種判別を同時に行い、その結果を記録します。

基板組み付け時の異品チェック

Connect to IoT

判定した結果と画像を合わせて記録します。
製造履歴の情報提供を求められた場合に、工程のトレーサビリティデータとして提出できます。

関連商品IV2シリーズ

以下のデータを取得できます。

プロセスデータ 部品の一致度、判定出力、アラーム出力、制御信号
診断サービスデータ 測定器の自己診断状況(エラーなど)
IV2シリーズ ネットワーク接続例
IV2シリーズ ネットワーク接続例

センサで判定した結果をPLCに送信し、NASには画像を送信する。

関連ページ

Back to top