検査機と連動したバットマーク印字

偏光フィルムは異物やピンホールはもちろん、小さな傷があっても製品としてはNG になってしまいます。このような欠点をカメラで検査して、その内容をIJPで印字します。
カメラや検査機からのデータをIJPに転送して、欠点の内容に応じた印字が可能です。

お気軽にお問い合わせください

0120-716-516

受付時間 8:30~20:00(土日・祝日除く)