ギヤのサイズ判別
  • 自動車業界
  • 多品種対応

加工後のギヤ搬送工程において、ギヤの形状を検出し、表裏が正しく並んでいるかを判別します。

従来の課題

「画像処理システム」は、ギヤの凹凸に対する検出精度や位置ずれに対する追従検出能力が高く、性能的には問題はありません。照明装置も充実しているためハレーション対策も十分です。しかし、ギヤのサイズ判別や表裏の検出に必要な機能以外の装備が多く高価です。また、立ち上げに必要な設置・設定などの工数が多く、導入は容易ではありません。

画像センサを導入するメリット

AI搭載 画像判別センサ「IV2シリーズ」は、1台で最大550×412mmの範囲を検出することができ、形状だけでなく色も判別できます。回転方向や露出はもちろん色ムラやフォーカスなど、さまざまな検出条件の設定はAIが自動的に行うため、製造現場への導入もスムーズです。もちろん、ハレーションの影響も受けません。
IV2シリーズ」は、カメラ・照明一体型という構造と、AI機能による使いやすさ、さらに安定検出という機能で、製造現場での多様なニーズに応えます。

  • OK
    OK
  • NG
    NG

使用している商品

IV2シリーズ AI搭載 画像判別センサ カタログ
AI搭載 画像判別センサ IV2 シリーズ
AIによる最適設定。知識・経験不要で誰でも使える
明るさ調整やフォーカス設定などの調整もワンタッチ
クラス最小の超小型ヘッドで、どんな場所でも設置できる
価格について
お客様の検査対象やシステム内容によって価格は変動します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

誰でも使える画像センサ用途事例 トップへ戻る