ギヤの表裏判別
  • 金属業界
  • 歩留り向上

コンベア上に搬送されてくるギアの表裏が間違えていないかどうかを検出し後工程での歩留りを向上させます。

従来の課題

「画像処理システム」は、撮像能力や検出の安定性、さまざまなワークへの適応力が高く、照明装置やハレーション除去などの機能も充実しています。しかし、色の判別や高性能なOCR機能など、ギヤの形状検出には不要な機能が多く、価格も高価です。また、導入時の設定や運用時の操作には熟練が必要です。

画像センサを導入するメリット

AI搭載 画像判別センサ「IV2シリーズ」は、輪郭や幅などギヤのわずかな形状の違いの検出も、AIが最適な設定を自動で選択。難しい設定操作は不要です。また、ハレーションに影響されないので、照明装置がなくても安定して検出できます。検出設定は32種類(32製品)まで保存できるため、製品に応じた設定を読み出すことで簡単に設定変更ができます。
IV2シリーズ」なら、必要な機能と扱いやすい操作性、安定した形状判別を導入しやすいコストで実現します。

  • OK
    OK
  • NG
    NG

使用している商品

IV2シリーズ AI搭載 画像判別センサ カタログ
AI搭載 画像判別センサ IV2 シリーズ
AIによる最適設定。知識・経験不要で誰でも使える
明るさ調整やフォーカス設定などの調整もワンタッチ
クラス最小の超小型ヘッドで、どんな場所でも設置できる

誰でも使える簡単設定方法

    • STEP1OKワークを登録する
    • STEP2NGワークを登録する

    後はAIが16種類の検出ツールから、ワークに最適な検出方法を自動で選択。立ち上げからわずか1分で設定が完了します。

  • 誰でも使える簡単設定方法
価格について
お客様の検査対象やシステム内容によって価格は変動します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

誰でも使える画像センサ用途事例 トップへ戻る