【新商品情報】近くも遠くも瞬間読み取り。高速オートフォーカス ハンディターミナル「BT-W300/W200シリーズ」誕生。

オープンツール型PLC
KZ-A500 シリーズ
CPUユニット 入力10点 トランジスタ(シンク)出力4点 KZ-A500

こちらの商品は、生産終了となりました。
以下の推奨代替機種をご覧ください。

ご不明点は、お電話でもお伺いいたします。

(フリーダイヤル:0120-587-877 お気軽にお問い合わせください)

推奨代替機種

仕様

型式

KZ-A500

高速カウンタ

オートリセットカウンタ*1 2点 (24ビット 入力応答30kHz/2相)

演算制御方式

ストアードプログラム方式

入出力制御方式

リフレッシュ方式

プログラム言語

ラダーチャート方式

命令の種類

基本命令:25種 応用命令:90種
演算命令:118種 拡張命令:153種 合計:386種

命令実行速度

基本命令(接点命令)

最小0.10µs 平均0.44µs

応用命令

平均6.45µs

プログラム容量

30Kステップ

I/Oユニット最大装着数

13台

最大I/O点数

拡張増設時MAX2030点 (KZ-R1A:13台増設時)

入力リレー

2048点 (X000 ~ X7FF)*2

出力リレー

2048点 (Y000 ~ Y7FF)*2

内部リレー

ラッチリレーと合計8192点 (M000 ~ M8191)

特殊リレー

256点 (M9000 ~ M9255)

ラッチリレー

内部リレーと合計で8192点 (L0000 ~ L8191)*3

リンクリレー

4096点 (B000 ~ BFFF)

アナンシエータリレー

2048点 (F0000 ~ F2047)

タイマ

2048点 (T0 ~ T2047)0.1秒タイマ (0.1 ~ 3276.7秒)、
0.01秒タイマ (0.01 ~ 327.67秒)*4、0.1秒積算タイマ (0.1 ~ 3276.7秒)*3

カウンタ

1024点 (C0 ~ C1023)*3

割り込みカウンタ

1024点のうち11点 (C224 ~ C227,C234 ~ C237,C253 ~ C255)

データレジスタ

6144点 (D0000 ~ D6143)

特殊レジスタ

256点 (D9000 ~ D9255)

リンクレジスタ

4096点 (W000 ~ WFFF)

ファイルレジスタ

8192点 (R0000 ~ R8191)*3

アキュムレータ

2点 (A0,A1)

インデックスレジスタ

14点 (Z,V,Z1 ~ Z6,V1 ~ V6)

高速カウンタコンバータ

4点 (高速カウンタ1つにつき2点)

位置決めパルス出力/高速コンバータ出力

2点 (最高出力周波数50kHz)

CPUユニット入出力

入力10点、出力4点 (合計14点)
入力コモン1点、出力コモン1点

許容瞬停時間

20msec

停電保持機能

プログラムメモリ

EEPROM 10万回以上書き換え可能 (データ保持期間10年)

デバイス(L,C,D,W,R,T,B)

バッテリによる 5年 (使用周囲温度25℃で停電保持状態時)

自己診断機能

CPU異常、RAM異常、その他

定格

電源電圧

DC 24 V ±10 %

消費電流

CPUユニット:165 mA 以下*5 (入出力回路駆動用電流を除く)

耐環境性

絶縁抵抗

50 MΩ 以上
(DC 500V メガにて電源端子と入出力端子間および外部端子一括とケース間)

使用雰囲気

塵埃、腐食性ガスがひどくないこと

使用周囲温度

0 ~ +50 ℃ (氷結しないこと)

使用周囲湿度

35 ~ 85 % RH (結露しないこと)

耐電圧

AC 1,500 V、1 分間
(電源端子と入出力端子間および外部端子一括とケース間。電源ユニットと KZ-AN6 は除く)

耐ノイズ性

1,500 Vp-p 以上、パルス幅 1 µs、50 ns (ノイズシミュレータによる)

耐振動

10 ~ 55 Hz、複振幅 1.5 mm 以下、X,Y,Z 各方向 2 時間
(ただし DIN レール取付時 1G)

質量

CPUユニット:約 160 g

*1 オートリセットしない設定も可能です。
*2 割付けのできる範囲を示します。
*3 パラメータで設定します。
*4 特殊リレーM9060がONのときは、1msecタイマ (0.001 ~ 32.767秒)になります。
*5 モジュラーコネクタに接続される機器によって消費電流が変わります。
接続される機器の消費電流:I1 (5 V 時)
24 V に換算したときの電流:I2
I2=50 × I1/648

通信とネットワークを解説

制御機器FAQ

安心のユーザーサポート